「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

大学の中でもトップクラス!関東大学サッカーリーグとは?

2017 8/17 16:20柴田カズヤ
サッカー 選手
このエントリーをはてなブックマークに追加

全国の高校生が集まる関東大学サッカーリーグ

関東地方における大学サッカーは2部構成の関東大学サッカーリーグ(以下関東リーグ)を頂点に1都7県のチームが参戦する各都県大学リーグが関東リーグの下のディビジョンとして位置づけられている。都県リーグについては2章で詳しく説明するので、ここではまず関東大学リーグについて紹介する。
関東リーグは日本のトップであるJ1リーグから数えて5部、6部相当になる。日本の各地域にも関東リーグのように地域の大学リーグがあるが、関東リーグは各地域リーグの中でも高いレベルを誇る。大学日本一を決める大会である全日本大学サッカー選手権大会においてそのほとんどの大会で優勝しているのが関東のチームであることからもその強さがわかる。
Jリーグの下部組織出身の選手や、高校サッカーの強豪校の選手、中にはユースの日本代表に選ばれたことのある選手など、全国各地から能力の高い高校生が関東の大学に集まりそのレベルは非常に高いと言える。試しに関東リーグに所属する選手を見てみると必ずどのチームにも「このチーム知ってる」というレベルのチームの出身者がいるはずだ。
中には高校時代にJリーグのクラブからオファーをもらいながら、さらに実力をつけてからプロになりたいと考え、あえてプロ入りを遅らせて大学に入学してくる選手もいる。 関東リーグに所属するチームはもちろん大学の部活のチームではあるのだが、先述の通りプロになるための力をつけるために選手が集まることもあって、特に関東1部のチームなどはプロ予備軍といっても過言ではなく、プロチームのように一種のブランドと化している部分もある。
このようなチームは施設も大変充実していて、人工芝のグラウンドはもちろんのこと、グラウンドを2面持っているチームも少なくない。また、指導者に関しても元プロの選手が指導を行っているチームもあり、さらには複数人のコーチやトレーナーもいるなど恵まれた環境を持っているチームもある。

関東を目指すチームが所属する都県リーグ

1章では関東リーグを紹介したが、関東地方における大学サッカーは関東リーグだけではない。1章でも少し触れたが、関東リーグの下に位置するリーグとして各都県で行われる大学リーグがある。
各都県リーグには東京都と山梨県の大学が参加する4部構成の東京都リーグ、同じく神奈川県の大学で構成される1部構成の神奈川県リーグ、千葉県の大学によって構成される2部構成の千葉県リーグ、埼玉県の大学で構成される2部構成の埼玉県リーグ、茨城県、栃木県、群馬県の大学から構成される1部構成の北関東リーグの計5つがある。
都県リーグのチームも関東リーグに参戦することができ、各チームはそれを目指して日々活動している。都県のチームが関東に上がることができるチャンスは年に1回で、都県リーグで優勝、もしくは上位に入ったチームだけが参加できる関東大学サッカー大会で、まず各リーグを勝ち抜き、最後に行われる昇格決定戦に勝利することができた2チームだけが関東へと昇格することができる。
年に1回だけのチャンスということに加え、各都県リーグで優勝(もしくは上位)しなければならないこと、そして最後の昇格決定戦に勝たなくてはいけないと昇格への壁は非常に高いといえる。
また、例えば2部リーグに所属するチームは関東リーグに昇格できるまで最短で2年だが、それを成し遂げることは簡単なことではない。都県リーグの選手たちはまさに4年間の大学生活をかけて関東リーグへ挑戦しようとしているのだ。

おすすめの記事