「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

日本代表とは違う?全日本大学サッカーってなに?

2017 8/17 16:20柴田カズヤ
サッカー キック
このエントリーをはてなブックマークに追加

様々な「全日本大学サッカー」

今回は「全日本大学サッカー」について紹介するのだが、みなさんはこれがどのようなものかご存知だろうか? 全日本とつくくらいだから代表チームのことなのではないか?と思う方もいるかもしれない。これは半分正解で半分ハズレだ。 「全日本大学サッカー」を冠にしているものは選抜チームや大会などいくつかある。
まず、大会に関しては毎年冬に行われる「全日本大学サッカー選手権大会(インカレ)」、夏の大学日本一決定戦である「総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント」がある。この2つの大会は大学の主要大会であり、日本一を目指して各地の大学がそのタイトルを狙う大きな大会だ。
一方の選抜チームに関しては「全日本大学選抜」がある(厳密に言うとサッカーの文言は付いていない)。これはその名の通り、大学の日本代表となる。選抜チームではデンソーカップやユニバーシアードなど海外の選抜チームと戦うことになる。
ちなみにオリンピック日本代表やユース日本代表に用いられるU-23日本代表やU-20日本代表にも大学生が選抜されることがある。しかしこれらの代表チームは全日本大学選抜とは別になる。 確かに年代は被っているのだが、U-23やU-20にはプロ選手も選ばれるし、場合によっては能力の高い高校生なども選ばれる。
一方で全日本大学選抜は名前の通り「大学」の選抜チームなので選手は大学生のみになる。 大学選抜は参加する大会やメディアでの報道も少ないため、この選抜チームを初めて知ったという人もいるのではないだろうか。
次章以降では、各大会や選抜チームが参加する大会について詳述する。

大学の対抗戦!インカレと総理大臣杯

ここでは「全日本大学サッカー」の冠を持つ大会について書きたいと思う。先ほども紹介したが、インカレと総理大臣杯だ。この2つの大会は大学ごとの参加になるため、大学対抗戦となる。
インカレは2016年までに65回開催されてきた。65回大会のうち優勝回数は関東リーグ所属チーム58回、関西リーグ所属チーム9回、東海リーグ所属チーム1回(両校優勝含む)と関東が他の地域を大きく引き離している。また、大学ごとの優勝回数では早稲田大学12回で1位、筑波大学が9回で2位、中央大学が8回で3位とこちらも関東勢が上位を独占している。
一方の総理大臣杯は、これまでに40回開催されていて、優勝回数はそれぞれ関東29回、関西10回、九州1回とこちらも関東勢が飛び抜けている。大学別に見ても1位が駒澤大学と順天堂大学の6回で、一見すると関東勢が大学サッカーで圧倒的に強いように思われる。
しかし、近年の両大会においては、阪南大学や関西学院大学、大阪体育大学など関西勢の優勝が増えてきており、関東一強の時代ではなくなりつつある。 これらの大会で活躍した選手の中から多くの全日本大学選抜候補が出てきているし、さらにはJリーガーとして活躍している選手もいる。これらの大会に注目しておくと未来の日本代表選手を見つけることができるかもしれない。

おすすめの記事