「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

大学サッカー西の強豪!関西学生サッカーリーグの紹介

2017 9/21 10:27柴田カズヤ
サッカー ゴール
このエントリーをはてなブックマークに追加

関西学生サッカーリーグとは?

今回紹介する関西学生リーグ(以下関西リーグ)は関西地域2府4県の大学によって構成されるリーグだ。リーグの構成は、2016年度に関しては、1部リーグ(12チーム)を頂点に、2部Aリーグ(10チーム)、2部Bリーグ(10チーム)、3部リーグ(29チームがA、B、Cの3ブロックに分かれる)の計61チームによって行われた。
関西リーグの特徴は1部リーグから3部リーグまで全てのリーグが関西全域で行われる広域リーグだということだ。どういうことかというと、例えば関東リーグは関東1部、2部リーグの下には各都県のチームで構成されるリーグがあり、東京都は東京都のチームで、埼玉県は埼玉県のチームで試合が行われる。このような形は東海リーグや九州リーグも同じで、関西リーグのような形は他には東北リーグなどが行っているが、そのリーグ構成は1つの特徴と言える。
そんな関西リーグは1部リーグ所属チームともなるとそのレベルは非常に高く、毎年多くのプロ選手を輩出している。詳しくは後ほど書くが、大学サッカーのタイトルのほとんどは関東か関西のチームが獲得しているということもあり、多くの有力な高校生たちが関東や関西のリーグに所属する強豪大学へと進学している。中には関東地方から関西の大学へ進学する選手もおり、地域を問わず全国から選手が集まるリーグと言える。

関東の勢いを止める1番手

大学サッカーの強豪と言われるチームの多くは関東や関西に所属しているチームだ。
もちろん、それ以外の地域にも例えば九州の福岡大学や鹿屋体育大学、四国の高知大学、中国の環太平洋大学、東北の仙台大学など全国レベルの知名度と実力を誇るチームはある。しかし、これらのチームが所属するリーグにおいては他の強豪チームが少なく、例えば各地のリーグの順位によって出場チームが決まる全日本大学サッカー選手権大会(インカレ)において、2016年仙台大学は16年連続、高知大学は23年連続で出場するなど、各リーグにおける力の差があると言える。
そのようなこともあってか、先ほども触れたが全国レベルの大会におけるタイトルのほとんどは、関東か関西のチームが獲得しており、リーグ全体のレベルの高さを伺うことができる。
しかし、関東と関西を比べてみると、関東の方が圧倒的に多くのタイトルを獲得している。大学サッカーの主要大会の1つであるインカレはこれまで65回開催されたが、そのうち優勝しているのは、関東58回、関西9回、東海1回(両校優勝含む)と関東の次点でありながら大きく引き離されている。また、同じく総理大臣杯においてもこれまでの40回の大会のうち関東29回、関西10回、九州1回となっている。
数字をみると関東がぶっちぎりではあるが、これには出場校数の枠の違いというレギュレーションが関係しているし、近年の成績においては関東の独走状況ではないことがわかる。過去5年のインカレ、総理大臣杯を振り返るとインカレにおいては、優勝が関東3回、関西2回、総理大臣杯も同じく関東3回、関西2回とその差はわずかだ。
特にインカレに関しては2013~2015年にかけて3年連続で関西のチームが決勝に進んでいるし、2016年のインカレにおいてもベスト4のうち2チームが関西勢だった。数字の上では差があるが、実力は拮抗しており、まさに関東のライバルとして、その独走を食い止めるのが関西リーグのチームだと言える。

おすすめの記事