「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

大学サッカーの第三極?東海学生サッカーリーグとは?

2017 8/17 16:20柴田カズヤ
サッカー 選手
このエントリーをはてなブックマークに追加

強豪チームは固定化されつつある

東海リーグにおける強豪校は近年固定化されつつある。
例えば、大学サッカーにおける主要大会である「総理大臣杯」「全日本大学サッカー選手権(インカレ)」の過去3年の出場チームを見てみると

総理大臣杯出場チーム:愛知学院大学、東海学園大学、常葉大学浜松、中京大学(五十音順)

インカレ出場チーム:愛知学院大学、静岡産業大学、東海学園大学、常葉大学浜松、中京大学(五十音順)

とチームが限られていることがわかる。もちろん、東海リーグの出場枠が関東や関西に比べて少ないこともあるが、それでも出場するチームはある程度固定されていると言える。
これを過去5年まで見ても総理大臣杯において岐阜経済大学と静岡大学が追加されるのみだ。しかも岐阜経済大学はこの時初出場、静岡大学は17年ぶりの出場と全国大会常連のチームではなかった。 また、東海リーグの各地域で見ても愛知と静岡の大学がほとんどであり、三重、岐阜のチームの姿は見られず地域的にも偏りがあるものと思われる。
強豪大学に目を向けてみると、例えば、常葉大学浜松は元日本代表の澤登正朗氏が監督を務めていたり、静岡産業大学はJリーグのジュビロ磐田との提携を結んでいたりと非常に高いレベルでサッカーに取り組むことができる環境が用意されている。 また、中京大学や東海学園大学に関しては200人を超える部員が所属しており、厚い選手層を作っている。
このように全国大会に出るようなチームはしっかりとチームの強化を行っており、東海リーグにおける強豪として君臨しているのだ。

東海リーグのレベル

東海リーグにおける強豪チームだが、全国レベルでみるとどうなのだろうか? これまでに行われてきた全国大会における優勝チームのほとんどは関東か関西のチームだ。
インカレにおいては2000年に1度中京大学が東海リーグのチームとして初めて優勝しているほか、総理大臣杯においては愛知学院大学(1982)、静岡産業大学(2007)、中京大学(2010)が準優勝しているものの、その力の差は関東、関西に比べて差があるものと考えられる。
2016年度の全国大会における成績を見ても、総理大臣杯においては、出場4チーム全てが関東リーグ所属のチームに敗れていて、最高位のチームでもベスト16となっている。また、インカレにおいても関東、関西のチームに敗れている。
2016年のインカレで優勝した筑波大学に敗れた中京大学の西村佳祐選手は以下のように語っている。

ボール回しの上手さと速さ。東海だったら一個ためてパスを出して、またためてという感じなのだが、こっちではポンポンまわす。1対1では東海では一度ボールを止めてから仕掛けてくるのだが、関東の奴らは一発で仕掛けてきた。東海にはないものなので、そこでちょっとついていけなかった部分がある

出典: ゲキサカ

西村選手の言葉にもあるように、リーグのレベルの差は明確にあるようだ。 ここまで読んで「東海リーグは弱い」と思った方もいるかもしれないが、実際にはあと一歩のところまできているのだ。
例えば2016年の総理大臣杯において東海リーグから出場した4チームは、優勝した明治大学相手にPK戦まで持ち込んだ東海学園大、関東リーグ所属の桐蔭横浜大、国士館大相手に延長戦の末敗れた常葉大学浜松と愛知学院大学関東の強豪早稲田大学に1点差で敗れた中京大学といずれも接戦の末に敗退している。
大学サッカーにおいて関東や関西が強豪として知られているが、東海も決してこの2地域に引き離されているわけではない。

おすすめの記事