「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

大学サッカーの第三極?東海学生サッカーリーグとは?

2017 8/17 16:20柴田カズヤ
サッカー 選手
このエントリーをはてなブックマークに追加

東海学生サッカーリーグとは?

東海学生リーグ(以下東海リーグ)は東海地方の大学によって構成されるリーグで、1部2部それぞれ10チームの計20チームによって行われる。東海地方の大学サッカーにおいてはこの東海リーグを頂点とし、この下に東海リーグ参戦を目指すチームが戦うリーグが3つある。この3つのリーグについては後ほど紹介する。
大学サッカーというと関東リーグや関西リーグに強豪チームが多く集まっているが、ここ東海リーグも多くのプロ選手を輩出するなどレベルの高いリーグと言える。
関東リーグや関西リーグには多くの有力な高校サッカー選手が進学するためどのチームも非常にレベルが高いチームと言える。そういったこともあり関東1部リーグの伝統校で強豪校として知られる筑波大学が2014年に2部リーグに降格したり、2016年に同じく強豪校として多くの選手を輩出してきた早稲田大学が2部リーグに降格したりするなど、多くの強豪校がひしめくが故に下のリーグに降格するケースが少なくない。
一方で東海リーグに関しては後ほど紹介するが、リーグの上位チームがある程度固定される傾向にあり、全国大会も同じ顔ぶれが続いているなどしている現状がある。しかし「強いチーム」がある程度決まっているためなのか、そういったチームには関東や関西をはじめとして全国から多くの選手が集まる。

東海リーグを目指すチーム

先ほども少し触れたが東海リーグの下には東海リーグ参戦を目指すチームが戦っているリーグ戦が3つある。この3つのリーグは東海地方の各県、もしくは地域ごとに行われていてそれぞれ愛知リーグ、静岡リーグ、三岐(三重県と岐阜県)リーグに分かれている。
東海リーグ昇格への道は、まず各リーグを勝ち抜いた計4チームによる東海学生サッカーチャレンジリーグを行い、リーグの上位2チームがその年の東海リーグ2部の下位2チームとの入れ替え戦に臨むことができる。この入れ替え戦で勝利して東海リーグへと昇格することができるのだ。各リーグ→チャレンジリーグ→入れ替え戦と昇格までの道のりは非常に長く、どこかで負けてしまえばまた1年間かけて昇格に向けて勝ち抜いていかなければならない。
各リーグは所属チームの数が異なっている。愛知リーグは1部リーグ9チーム2部リーグ2チームの計11チームから構成される。2部リーグが2チームなことに驚いた人もいるかもしれないが2部リーグは1部リーグ所属チームのセカンドチームや高専チームなどが参加するオープン参加の交流リーグとなっているためこのチーム数となっている。実際にチャレンジリーグへの進出権(愛知リーグは2枠)を争うのは1部の9チームとなる。
静岡リーグは2016年に関しては静岡県立大学、浜松医科大学、東海大学海洋学部の3チームによるリーグ戦となっている。わずか3チームで1枠のチャレンジリーグ進出権を争う。2016年に関しては3チームという少ないチーム数での争いとなったが、2017年は常葉大学静岡キャンパスが東海リーグから降格し、また2016年度の静岡リーグからの昇格チームはなかったため4チームで争うことになる。
最後に三岐リーグだが、こちらは9チームで構成されるリーグだ。しかし愛知リーグ同様にセカンドチームや高専チームも参加しているため実際に昇格枠を争うのは6チームだ。 2016年については東海リーグを目指して戦ったのは各リーグ合わせて18チームだが、入れ替え戦まで進んでも必ずしも昇格できるわけではなく、昇格までは非常に険しい道のりとなっている。

おすすめの記事