「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

日本サッカー縁の下の力持ち!指導者の心構え紹介

2017 8/17 16:20柴田カズヤ
サッカー 指導者
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本サッカー進歩の背景

日本のサッカーはここ20年ほどで目覚ましい成長を遂げてきた。日本代表は、1998年ワールドカップフランス大会で、ワールドカップ初出場を果たすと、2014年に開催されたブラジル大会まで5大会連続でワールドカップ本大会に出場している。また、女子日本代表は2011年の女子ワールドカップドイツ大会で優勝するなど、日本サッカーは世界の中でも急成長を遂げていると言っても過言ではない。さらに近年ではヨーロッパのトップリーグのクラブに所属する選手も多数出てくるなど、随所に日本サッカーの発展を目にすることができる。
このような日本の進歩の理由は、選手のレベルが上がったからなのだが、その選手を育てた指導者の存在も忘れてはいけない。
指導者の成果については日本サッカー協会以下のように触れている。

(日本代表が)ワールドカップに出場することを当たり前のように感じ、世界で闘っている。これはつねに世界をスタンダードとし、各地域で、日々情熱とロマンを持ち続けながら活躍されてきた指導者の方々の、努力の成果だと言える

出典 書籍名:サッカー指導教本2012 JFA公認C級コーチ 著者:公益財団法人日本サッカー協会 出版社:公益財団法人日本サッカー協会


このように、日本のサッカーがさらなる発展を遂げるためには指導者の存在は欠かせない。では日本にはどのような指導者がいて、何人の指導者が指導を行っているのかご存知だろうか?

日本のサッカー指導者の数は15万人以上

日本サッカー協会の調査によると、現在日本でサッカーの指導に携わる指導者は15万人以上いると言われている。ちなみに、15万人という人数は東京の東村山市の人口と同じくらいになる。
日本サッカー協会では指導者として活動している人を協会に登録することで、指導者に情報発信を行っている。しかし約15万人の指導者のうち、約6万人は協会に登録を行っていないとされているほか、協会が把握できていない指導者もいると考えられ、15万人よりもさらに多くの指導者が日本で活動していることが予想される。
このような多くの指導者によって、日本のサッカーは進歩を続けているわけだが、指導者と一言でいっても様々なタイプの指導者がいる。
例えば、Jリーグのようなプロクラブを指導して指導によってお金をもらうプロの指導者から、教師として部活動の指導を行う指導者、ボランティアとして週末などに無償で指導を行う指導者まで多種多様だ。さらに指導者の経歴も本当にいろいろで、元プロ選手もいれば、サッカー経験がない人もいる。中には、子供がサッカーチームに入ったことがきっかけで指導者になる人もいる。
このように、経歴の異なるたくさんの指導者が、様々な形態のチームを指導することで日本のサッカーは発展してきたのだ。

おすすめの記事