「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

サッカーの指導者において選手のメンタルを管理する重要性とは

2017 1/20 10:11
サッカー 監督
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Monkey Business Images/Shutterstock.com

サッカーのチームというのは同じチームであっても、指導者によってその実力は大きく変わってきます。技術的な指導はもちろんのことですが、メンタル面でのサポートの仕方によって大きな影響を与えるようです。今回は、選手のメンタル管理の重要性についてご紹介します。

指導者としての役割

監督やコーチといったサッカーの指導者に求められる要素として重要視されるのが、いかに技術を身に着けさせ、向上させてチームを強くすることができるかという事です。たしかに、指導者によってチームの成績が浮き沈みすることも珍しくないのですが、監督が変わったからといって、技術力が急激に向上したり減退したりするわけでははありません。では、なぜこのようなことが起こるのかというと、メンタル面でのサポートが大きく影響するからなのです。

日本ではメンタルケアに重点を

かつての日本では、スポーツにおいてスパルタの根性論が根付いていたこともありましたが、最近ではあまり見られないようになってきました。選手のメンタル面のサポートはチームの運営において重要になってきており、専属のスタッフがいるチームも増えてきています。日本においては、メンタルの“ケア”に重点を置く傾向があります。通常のメンタル状態をゼロとしたときに、選手がマイナスの状態になったものを再びゼロにするというものです。

おすすめの記事