「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

サッカー選手の生命線!膝のケア方法を学ぶ

2017 1/20 10:11
サッカー 膝
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by melis/Shutterstock.com

サッカー選手と膝の関係をご存知ですか? 膝はサッカー選手にとって生命線となる非常に重要な体の部位のひとつです。一方で膝の怪我はサッカーにつきものです。 今回はサッカー選手と膝の関係を説明し、怪我をしないためにできる取り組みを紹介します。

サッカー選手と膝

サッカー選手にとって膝はプレーをする上で非常に重要な部位です。キックはもちろんのこと、ドリブルやダッシュ、ストップ、ジャンプ、切り返し、方向転換など、あらゆる場面において足を使うサッカーにおいて、膝はそれらのプレーを支える屋台骨と言っても過言ではありません。
そんな膝は、一度怪我をすると数ヶ月、場合によっては1年以上のリハビリが必要になるケースもあり、サッカー選手にとっては怪我をしないように気をつけたい部位です。

膝の怪我は選手生命に関わる

膝の怪我は選手にとって深刻なものです。たとえば、ドイツ・ブンデスリーガのシャルケに所属する内田篤人選手は、膝の怪我によって1年以上試合に出場しておらず、復帰に向けてリハビリを続けています。また、膝の怪我によって現役を引退した選手も多く存在します。Jリーグでも活躍した元韓国代表のパク・チソン氏は、膝の調子が悪くプレーに影響を及ぼすことから現役引退を決めました。
このように、膝を怪我するということは、長い期間のリハビリを要するだけでなく、リハビリ後もプレーへの影響があるなど、選手生命を左右しかねません。

おすすめの記事