「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【てばたき!】栃木県のサッカー強豪校5選

2016 7/28 19:12
栃木 サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

栃木県のサッカーは実は盛んな土地である。新興勢力が多く、今後は高校サッカーのレベルが上がるに違いない。今回は、矢板中央高校、宇都宮白楊高校、真岡高校、佐野日本大学高等学校、佐野東高校の5つの強豪校を紹介する。

全国ベスト4!矢板中央高校

矢板中央高校は1957年に誕生した高等学校です。スポーツに力を入れており、特にサッカーは栃木県内でも強豪校の一校として数えられている。2009年の選手権では全国ベスト4に輝くなど、もはや全国レベルでも無視できない存在になりつつある。 まだプロの名選手こそ生まれていないが、地元のチームに数多くの選手を輩出している。Rookie Leagueではあの市立船橋高校などの名門校と同リーグに所属し、切磋琢磨している印象を受ける。

宇都宮の名門校!宇都宮白楊高校

宇都宮白楊高校は農業高校として誕生した。その後、平成三年に総合高校として様変わりしているが、今でも農業に関する学科は残っている。そんな宇都宮白楊高校だが、2008年には栃木県大会を優勝して、初の全国選手権出場を果たしている。近年着実に力をつけている印象だ。 選手数は100名近く在籍している。現在は高円宮杯ユースリーグ栃木に所属しているが、プリンスリーグ関東へ昇格するのも時間の問題と見られ、期待を集めている。

おすすめの記事