「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【えぎっぽあがる】茨城県のサッカー強豪校5選

2016 7/28 19:12
カシマスタジアム
このエントリーをはてなブックマークに追加

Jリーグ・鹿島アントラーズのお膝元でもある茨城県は、高校サッカーもハイレベルだ。チームが掲げるユニークなサッカー像やモットー、特徴ある練習方法など全てが強さに繋がるだろう。

スペインで磨かれたサッカー、鹿島学園高等学校

鹿島学園高等学校は、鹿島市にある私立高校だ。 目指すサッカー像は、「基本に忠実でありながら、情熱的に熱く激しく、そして美しさ楽しさを忘れないサッカー」、「夢があるから強くなる」というユニークなキーワードを大事にしている。 これまで全国高校サッカー選手権に7回出場で、ベスト4(3位)が最高成績だ。2003年からは、現部長である鈴木雅人監督の下、3年連続出場を果たし、全国総合体育大会にも5回の出場経験がある。 直近では、第58回関東高等学校サッカー大会茨城県大会で優勝するなど、どの大会でもベスト4以上に入ってくる常連校だ。 鹿島学園のサッカー部の特徴は、2002年から毎年スペイン遠征を実施していることで、ヨーロッパでもレベルが高いとされるスペインサッカーだ。2週間に渡り、バルセロナやマドリッドなど本場のサッカーを経験することで、国内では体感できない感覚を身につけることができる。 鈴木優磨選手や大橋尚志選手など、主に地元の鹿島アントラーズを中心に、多くのプロサッカー選手を輩出している。

公立校の意地を見せる粘り強さ、県立鹿島高等学校

鹿島学園と同じ鹿島市にあるのが県立鹿島高等学校だ。 明治43年創立で90年以上の歴史を持つ学校で、農業学校が前身となっているため、自然など環境の良いグラウンドがある。 「サッカーの原点は1対1で負けないこと」がモットーで、守備では激しいプレス、攻撃では粘り強いボールキープに定評がある。 全国レベルでの活躍は劣りますが、過去には、全国高等学校総合体育大会で3位、全国高等学校サッカー選手権大会ではベスト16の実績がある。関東・県レベルの大会では2回の関東大会準優勝や新人戦優勝などの好成績だ。 最近では、平成26年度全国高校サッカー選手権大会茨城県大会で準優勝しており、プリンスリーグにも3年連続で出場経験があるなど、地元ではサッカーの強豪校として知られている。 2002年のFIFAワールドカップにも出場した鹿島アントラーズの曽ヶ端準選手を代表に、各地のサッカークラブにJリーガーを輩出している。

おすすめの記事