「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【けっぱる!】青森県のサッカー強豪校5選

2016 7/28 19:12
青森 高校サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

高校サッカーファンの方へ。かつてインターハイ制覇経験もある青森のサッカー強豪校の動向は知っておきたいものですよね。近年は全国大会連続出場を誇る青森山田の存在が抜けていますが、八戸勢やその他の高校も県勢全体のレベルアップが進んでいます。青森のサッカー強豪を5校紹介します。

北の強豪、全国制覇目指す【青森山田高校】

青森市の中心部南方、棟方志功記念館の近くに青森山田高校があります。中高一貫教育で県下有数の進学校でありながら、スポーツでも野球部やOBに福原愛がいる卓球部、バドミントン部などが全国大会で活躍します。 サッカー部は2016年のインターハイ県予選で1年連続20回目となる制覇を達成。就任22年目の黒田剛監督の指導の下、厳しい北の大地で育んだサッカースタイルを磨いてきました。OBには、日本代表の柴崎岳(鹿島アントラーズ)や、五輪日本代表候補の室屋成(FC東京)、櫛引政敏(鹿島アントラーズ)らがいます。

全国大会での勝利を目指す【八戸学院光星高校】

八戸市にあるカトリック系私立高校です。普通科、ビジネス科、工業技術科、保育福祉科があり、特別進学コースも設定されています。 スポーツに力を入れており、野球部が2011年夏、2012年春、夏の甲子園で3大会連続準優勝を果たしています。 サッカー部は、インターハイに6回出場しました。黄色のシャツに青のパンツという、ブラジル代表と同じカナリアカラーのユニフォームが特徴。近年は青森山田の壁に阻まれ、全国大会から遠のいています。「打倒青森山田、全国1勝」が目標です。

おすすめの記事