「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

サッカーのスパイクの手入れの仕方!大切に使うためには?

2016 12/16 11:07
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Nikola Bilic / Shutterstock.com

サッカーで使うスパイク。サッカーに必要不可欠なこの道具を、大切に使ってあげるためには手入れが欠かせません。 今回はそんなスパイクの手入れの仕方をご紹介します。 要点をまとめて紹介していきますので、今からでも簡単に始めることができますよ。

ステップ1:砂・泥・芝を落とそう

まずはスパイクに付着した砂・泥・芝を落とすことから始めます。汚れが残らないよう、念入りに行います。特に、裏のソールには細かな汚れが残りやすいので、歯ブラシなどを使って優しくこすって取り除きましょう。
また、砂や砂利はスパイクの裏だけに付着しているわけではありません。ボールを蹴っていれば、スパイクの中に入ることもあります。ですから、中敷きや紐をすべて外し、それらの汚れも取った方がよいでしょう。そのままにしておくのはよくありません。

ステップ2:アッパーの扱いは慎重に

ボールを蹴る部分であるスパイクの上、つまりアッパーと呼ばれる部分の手入れは慎重に行う必要があります。スパイクには天然皮革のものと人工皮革のものがありますが、天然にしても人工にしても、慎重に扱わなければ傷みが生じ、ボールの蹴り心地が違ってきます。
ソールと同様に汚れを取っていきますが、より優しく取るようにします。また、革の継ぎ目である縫製部分には、汚れが入り込みやすいです。よくチェックしながら行うとよいでしょう。

おすすめの記事