「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

現役選手にもおすすめ!サッカー漫画を紹介

2016 12/16 11:07
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 http://natalie.mu

現在プロとして活躍する選手の中には、サッカー漫画に影響を受けたと語る選手もいます。 プロのサッカー選手でも漫画に影響を受けているということで、今回はサッカー漫画の中でも現役選手におすすめの作品を紹介したいと思います。

「フットボールネーション」

「フットボールネーション」は、2009年から「ビッグコミックスペリオール」で連載されています。
この漫画をおすすめしたい理由は、着眼点の面白さにあります。これまでのサッカー漫画は、華麗なドリブルや豪快なシュートなどを押し出すことが多かったのですが、「フットボールネーション」は"筋肉"を前面に押し出しています。
作中に登場する東京クルセイドというチームは、選手を募集する際に「脚の綺麗な選手求む」という広告を出しているのですが、これは優れた筋肉を持った選手を求めているということを意味します。日本のサッカーの弱さを筋肉の中でもインナーマッスルの弱さにつなげて考えているのが東京クルセイドなのです。
サッカー選手はドリブルやジャンプ、体を相手に当てるときなど、さまざまな場面でボディバランスが求められ、インナーマッスルはそれを支えるという意味で非常に重要です。「フットボールネーション」は自身の筋トレや筋肉のことを見直す機会になるかもしれません。

「GIANT KILLING(ジャイアントキリング)」

「GIANT KILLING」は2007年から「モーニング」で連載されている漫画で、2016年10月時点で42巻まで出ているほか、過去にはアニメ化もしていて、ご存知の方も多いかもしれません。
かつてETU(イースト・トーキョー・ユナイテッド)の選手として活躍したものの海外移籍後に怪我で選手を引退し、消息不明になっていた達海猛がETUの監督となり、リーグ優勝を目指してGIANT KILLING(番狂わせ)を起こしていくというストーリーです。
この漫画をおすすめする理由は、クラブの姿が描かれている点にあります。選手中心に描かれる従来の漫画と異なり、選手、監督、フロント、サポーター、さらにはチームのホームタウンと、プロクラブを取り巻くさまざまな要素が描かれています。
プロを目指す現役選手は、サッカー選手にとってはプレー以外の要素も重要になってくるということがわかるのではないでしょうか。

おすすめの記事