「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

サッカーのポジションの役割について

2016 11/10 19:16
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by matimix/Shutterstock.com

サッカーのポジション別にどのような役割を担っているのかという事にスポットをあてたいと思う。それぞれの役割を紹介する。

サッカーの華でもあるFW

フォワードはポジションの中でも一番注目を浴びるポジションで、相手ゴールに一番近い場所となり得点を取る事を担っている。
フォワードと言っても、4種類あり、FW(フォワード)、CF(センターフォワード)、WG(ウイング)、ST(セカンドトップ)に分けられている。CFは最前線の中央に位置し、最も得点を取る事に重点をおいており、WGはその両サイドに位置しサイドを突破しクロスを上げたり、中央に切り込み得点を取る役割、STはCFよりも下がった位置でツートップの場合に用いられる。
このポジションは瞬発力、瞬時の判断力、冷静さ等を兼ね備えた能力を求められる。

攻撃も守備もこなすポジション、MF

ミッドフィルダーは攻撃にも守備にも参加するいわゆるオールラウンドの役割をするポジションだ。
もともとミッドフィルダーという概念はなく1860年から1870年代にはハーフバックと呼ばれていた。それから1950年代になると、4-2-4のフォーメーションが誕生。それに伴いミッドフィルダーの人数が増えていった。そして、1990年代からは守備的なミッドフィルダーを積極的に起用していった事により現在の名称が生まれたとされている。
またフリーキックやロングシュート、ロングパス等シュート精度が求められるポジションでもある。

おすすめの記事