「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

サッカー選手・トラップが上達するコツを紹介!

2016 11/10 10:16
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by makieni/Shutterstock.com

全国のサッカーファンの方へ。動いているボールを止める技術である「トラップ」にスポットを当てたいと思います。どうやればトラップは上手になるのか、上達のコツを5つ紹介します。

【サッカー・トラップ上達するコツ1】ボールフィーリングの向上

「止めて蹴る」とはサッカー選手のピッチ上における動作で、もっともシンプルなものです。そこにドリブルやフェイントを挟んだり、ポジションチェンジを繰り返したりこそしますが、どの選手も「止めて蹴る」の連続でゴールを目指すはず。やはりボールタッチをしっかりできるようになることは何より大切です。足首がグニャッとなったままでトラップしても、ボールの勢いをきちんと殺すことはできません。
どうやったらボールが綺麗に止まって次のプレーに移行しやすいか、どれぐらいの強度でトラップすればいいのか、自分とボールの間に働く力の感覚をはっきりと認識する必要があります。

【サッカー・トラップ上達するコツ2】空間認識能力の向上

浮き球のパスが飛んできたとして、きれいに自分でボール保持できる範囲にコントロールするためには、どのタイミングでジャンプして、どのタイミングで足をあげればいいのかを認識する必要があります。タイミングを把握する能力を「空間認識能力」といいます。
小学生年代で育ってくる「コーディネーション能力」の一つで、7~15歳の間に成長していく能力です。特に13歳以上で大きく伸びてくるものなので、小学生のうちにはトラップできずに空振り→後逸してしまうことはよくあります。タイミングを合わせる能力そのものが発展途中にあるためで、決して「下手くそ」などではありません。そのうちある程度は伸びてくるものですからご安心ください。

おすすめの記事