「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

サッカー・ドリブルが上達するコツを紹介!

2016 11/10 10:16
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by makieni/Shutterstock.com

全国のサッカーファンの方へ。本稿ではサッカーにおける技術「ドリブル」にスポットを当てたいと思います。どうやればドリブルは上手になるのか、上達のコツを5つ紹介します。

【サッカー・ドリブル上達するコツ 1】左右両足を自在に動かせること

野球のピッチャーに利き手があるように、サッカー選手には利き足があります。右利きが大半だと思いますが、利き足だけでボールを触っていてもいい選手にはなれません。右から敵がボールを奪いに来る場合は、ボールを奪われないように敵から遠い左足でボールを触るべき、逆に左からならば右で触るべきなのです。
またどこからプレッシャーを受けても即時対応するという意味では、インサイド(足の内側)、アウトサイド(足の外側)、足の甲、足の裏、あらゆる部位を使ってボールを運べるようになる必要があります。

【サッカー・ドリブル上達するコツ 2】空間認知能力の向上

自分がボールを持っているとして、そこにボールを奪いに来る場合、いつどの「タイミング」で、どれだけの強さでボールに触れるかをサッカー選手は即時に判断しなければなりません。
このタイミングの感覚をつかさどる能力を「空間認識能力」と言います。どれだけのスピードで敵が接近していて、どの方向からやってくるかを認識し、ボールを奪われないために「この方向に、このタイミングでボールを動かそう」と判断する必要があり、この目測を誤ると敵にボールを奪われやすくなります。空間認識能力に基づく判断と、繊細なボールタッチの組み合わせが、ボールを奪われないドリブルを作るのです。

おすすめの記事