「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

もしサッカーで日本が金メダルをとったらどうなる?

2016 10/17 10:21
オリンピック サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by fstockfoto / Shutterstock.com

五輪種目の中では本大会に先駆けて行われるサッカー。今後、日本が金メダルを獲得できたら、どのような影響や波及効果が期待できるのだろうか。その可能性を検討していく。

五輪サッカーは23歳以下の男子しか原則出場できない

男子の五輪代表は、原則として23歳以下の選手に限られている(オーバーエージ枠を除く)。このため、W杯を目指すフル代表とは別物と考えられ、レベルも1段階下に見られている。
過去の戦績では多くが予選敗退となっているが、1968年のメキシコ大会では銅メダルを獲得した。96年のアトランタ五輪からは常に本大会に出場しており、W杯の出場経験が無い国が強国ブラジルを破る「マイアミの奇跡」を演じた。2012年のロンドン五輪ではメキシコ大会に次ぐ4位の好成績を収めた。

女子サッカーにとってW杯とオリンピックは同価値

男子のような年齢制限の無い女子五輪代表はフル代表も兼ねており、オリンピックはW杯と同価値のタイトルとなっている。1996年から正式種目となり、ロンドン五輪までに計5回開催された。
強豪国として世界に名を轟かせている女子は、2008年の北京五輪は4位と頭角を現し始め、11年のW杯初優勝を踏まえて金メダルが期待されたロンドン五輪では銀メダルを獲得した。残念ながらリオ五輪は出場権を逃したが、世代交代を乗り越えて再起に期待がかかる。

おすすめの記事