「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

サイドバックの常識を変えた!サイドバックの名選手たちを紹介

2016 10/17 19:21
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

現役最強の右サイドバック!ラーム

サイドバックも大柄な選手が増えているが、ドイツ代表のフィリップ・ラームは小柄な選手だ。ただ、当たり負けするところは見たことがないほどのタフな選手なのだ。また、かつては中盤の選手であったこともあり、試合を組み立てることができるのも特徴だ。パスの出せるサイドバックは斬新すぎだ。キャプテンシーの強い選手である点も見逃せない。
小柄でも世界と対等に戦えるという点では、日本人選手も真似しやすい選手であるといえる。

日本のサイドバックを変えた革命者!長友佑都

サイドバックといえば地味であり世界にも通用しない。そんなネガティブなイメージがつきまとっていた中で、その常識をぶち破った選手が現れた。それが長友佑都だ。圧倒的なスタミナを武器に、試合中も常に走り回りスプリント回数も多いのが特徴だ。また体の強さも魅力的で、体幹というフレーズは長友が広げたといっても過言ではない。
今でもインテルでスタメンで出場し続けるあたりに、長友が単なるサイドバックではないことを物語っている。

アイドル並みの人気!内田篤人

長友佑都と共に、日本のサイドバックの常識を変えたのが内田篤人だ。その可愛らしいルックスでアイドル的人気を誇っているが、もちろんビジュアルだけでなく実力も高いのだ。特に守備面での活躍が目立つ選手であり、クレバーなプレイもこなす。そのギャップがまた人気の秘密なのだ。
メンタルが強い選手でもあり、劣勢に立たされたシーンでもチームを鼓舞する献身面も評価できる。怪我で永らくプレイしていないが、是非復活を果たして欲しい。

まとめ

サイドバックは年々大柄化しているが、奇しくも今回紹介した選手は小柄な選手が多い。背の高い選手はどこかもっさり動くというイメージがあるのだが、今後は今回紹介した選手を凌駕するサイドバックも登場することだろう。

おすすめの記事