「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

古き良き10番タイプの司令塔を思い起こさせる日本人プレイヤーは?

2016 10/17 19:21
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Maxisport / Shutterstock.com

最近のサッカーの進化のスピードはすごいものがある。そんな中で、クラシカルな10番タイプの日本人選手にはどのような選手がいるか知りたいとは思わないだろうか。 そこで今回は、10番が似合いそうな歴代の名プレイヤーを紹介する。

日本人より日本の心を感じる!ラモス瑠偉

Jリーグ創設期に最も司令塔という印象を持たせてくれたのが、主にヴェルディ川崎で活躍したラモス瑠偉だ。ブラジル生まれだが、日本に帰化して日本代表としても活躍した。ドーハの悲劇では初めてワールドカップに手が届きそうになりつつも、あと一歩のところですり抜けてしまった。
圧倒的なパスセンスとブラジルのサンバを思わせるようなステップのドリブルは、いま見ても衝撃的なものがある。日本人よりも日本のこころを感じさせるようなハートの強さもラモス瑠偉の特徴だ。

古き良きパサーのイメージ!名波浩

大学生時代から高い注目を集め、ジュビロ磐田でも最高のキャリアを送っていたのが名波浩だ。視野の広さからロングレンジで繰り出すパスは、今のトレンドであるレジスタの走りと言っても良い存在だった。黄金時代のジュビロ磐田を支えていたのは、間違いなく名波浩と藤田俊哉だった。
イタリアでは挫折したものの、日本代表としても重要な試合で活躍し続けた。ワールドカップには縁のない感じだったが、今でも日本代表の10番といえば名波浩を思い出すひとが多いのが事実だ。

おすすめの記事