「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ワールドカップでの優勝傾向を様々な角度から大研究

2016 10/12 03:34
サッカー、ワールドカップ
このエントリーをはてなブックマークに追加

ずばり優勝傾向にある国の特徴!

ワールドカップにおいて優勝できる傾向にあるのは、ずばり「欧州(一部)と南米」であるように思える。欧州(一部)とさせていただいたのには理由があるが、その点については後の項で触れる。
やはり、欧州と南米の選手たちは個々の力が非常に優れており、各国リーグの水準も非常に高いレベルにある。代表として招集された際にも、非常に有名な選手たちが集う。
日々レベルの高い舞台で戦っているわけだから、ワールドカップという大きな舞台でも「世界と戦い慣れている」というアドバンテージがあることは確かだ。

サッカーの母国イングランドが優勝できないのはなぜ?

先ほど優勝傾向にあるのは欧州(一部)と記載したことについて触れていこうと思う。 サッカーに興味がある方の間で巻き起こる論争の一つに、「サッカーの母国であるイングランドが大舞台で勝てないのはなぜか?」というものがある。
実際、ワールドカップ、そしてクラブチームで戦うチャンピオンズリーグにおいても、イングランドはなかなか勝てていないのだ。ワールドカップでの優勝はたったの1回で、1966年とかなり前のことだ。
これには、名門イングランドのプレミアリーグが過密日程であることが理由として挙げられている。前述のドイツのブンデスリーガ、イタリアのセリエAなども名門だが、プレミアリーグに比べればかなり余裕があるのだ。プレミアリーグでは、1つの試合から次の試合までが中2日、3日ということもザラで、選手はシーズンを通して疲労を解消しきれないまま、夏のワールドカップに臨むのだ。
これは長年言われていることなのだが、未だ解決できていない。

日本の優勝はあり得るのか?

ずばり「日本の優勝はあり得る」と思う。 昔に比べれば、日本人選手が海外に出て活躍することも増え、非常に高い素質を備えたプレーヤーが代表にも多く集まるようになった。
この傾向を受け、国内のサッカー競技人口も増え、天才少年とされるプレーヤーも続々と登場。現在U-15日本代表の久保建英選手が、9歳の時点であのFCバルセロナに在籍するなど、海外からも日本人選手には注目が集まるようになった。
もちろんワールドカップでの優勝は非常に高い目標だ。しかし、若手選手の台頭と、海外で高いレベルを経験する選手の増加により、日本代表の戦力アップは間違いなし。これからの一層の躍進は十分にあり得るだろう。

まとめ

ワールドカップにおいては、南米ならびに欧州の国々が優勝傾向にあり、特に近年の欧州勢の躍進には目を見張るものがある。 ただ、サッカーの母国イングランドにおいては、国内リーグであるプレミアリーグでの過密日程等により、選手が本領を発揮できていないのが実情だ。 ワールドカップへの本大会出場、そして優勝を狙う日本には、海外で活躍する選手の増加が顕著であり、その後を追う期待の若手も育ってきている。 南米、欧州の牙城を何とか崩してほしいものだ。

おすすめの記事