「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ワールドカップでの優勝傾向を様々な角度から大研究

2016 10/12 03:34
サッカー、ワールドカップ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Beto Chagas/Shutterstock.com

ワールドカップでは、どんな国が優勝しているのだろうか?さまざまな点に着目しながら、優勝傾向をわかりやすく紹介する。

そもそもワールドカップって?

言わずもがなではあるが、サッカーのワールドカップは非常に多くの人々の注目を集める。視聴者数だけでなく、経済効果の面でもオリンピックの遥か上をいき、全世界のサッカーファンがこの4年に1度の大会を心待ちにしている。
数々のスター選手、あるいはこれからスターになるであろう新進気鋭の若手選手がしのぎを削るのが、このワールドカップなのだ。ここで活躍することができれば、大会後により大きなクラブチームへ移籍するといった現象も多く見られるため、選手自身にとっても栄誉・ステップアップの両面で価値のある大会となっている。

過去大会はどんな国が優勝している?

1930年の第1回大会以降、2014年の第20回大会に至るまで優勝回数ランキングのTOP3は以下の通りになる。

1、ブラジル(5回)
2、ドイツ、イタリア(4回)
3、アルゼンチン、ウルグアイ(2回)

この結果を見てみると、南米と欧州の国が優勝を独占しているように見える。 ただ、過去5大会に絞って見てみると

  • 1998 フランス
  • 2002 ブラジル
  • 2006 イタリア
  • 2010 スペイン
  • 2014 ドイツ

となっており、近年は欧州の国が優勢のようだ。

おすすめの記事