「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

一度は訪れたい!国内・海外のスノーボード聖地とは

2017 3/3 09:51ユタロー
スノボ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Dmitry Molchanov/ Shutterstock.com

スキー同様に日本で人気のウィンタースポーツといえば、スノーボードではないでしょうか? ボード1枚で雪の上を滑り降りるのは非常に楽しく、またジャンプなどのトリックにも挑戦できるので人気が高いです。 そんなスノーボーダーたちが聖地と崇める場所は、いったいどこなのでしょうか?

パウダースノーを楽しむニセコ

まずご紹介したいのは北海道のニセコです。ニセコの雪質はサラッサラのパウダースノーとして有名であり、海外からも高い評価を得ています。実際に冬になると多くの外国人ボーダーがニセコに集まることで有名です。パウダースノーはこけても痛くなく、滑り心地も非常に良いです。
ニセコのゲレンデ周辺には温泉や老舗の旅館も数多く立ち並んでいるので、スノボで疲れた体を温泉でゆっくりと癒し、美味しい北海度の食べ物を堪能することができます。

スキーヤー・スノーボーダーから愛される聖地・白馬

同じパウダースノーなら、長野県の白馬村も負けてはおりません。特に白馬八方尾根スキー場は、スキーヤーやスノーボーダーに愛されているスキー場です。
このスキー場は、日本でも最も長い滑走距離を誇るコースを有しており、なんと最長で8kmもの距離のあるコースを楽しむことができます。さらに、多彩でバリエーションのあるコースを堪能することができます。 周辺には白馬八方温泉もあり、筋肉痛や疲労に効果があるといわれています。

おすすめの記事