「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ソチ五輪で大活躍!スノーボードアルペン・竹内智香選手の功績とは?

2017 1/30 21:29
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典: http://www.jiji.com/

竹内智香選手と言えば日本女子スノーボードアルペンの第一人者であり、ソチ五輪・パラレル大回転の銀メダリストだ。そんな竹内選手の生い立ちから競技を始めたきっかけ、試合での功績などさまざまな角度から紹介する。

竹内智香選手の生い立ちは?

竹内選手は1983年12月21日生まれで北海道旭川市出身だ。3人兄妹で兄が2人いる。父親から、兄妹のうち1人はオリンピック選手になってほしい、と言われていたため幼い頃からオリンピックに強い興味を抱いており、小学校の卒業文集に「夢はオリンピック」と書くほどだった。
実家は北海道大雪山の麓にある旭川温泉で「湧駒荘(ゆこまんそう)」という旅館を経営しており、夏期には何と竹内選手が仲居として手伝うこともあるそうだ!

スノーボードを始めたきっかけは?

竹内選手のお父さんはかつて乗馬でオリンピックを目指していたことがあり、彼女も小さいころから自分もオリンピックに出たいと思っていた。小学校低学年の頃にはアルペンスキーに興味を持ったが、当時住んでいた場所では環境が整っていないということでやらせてもらえなかった。
スノーボードは小学5年生の時に趣味で始め、中学2年の時に長野オリンピックでアルペン種目のスノーボードを見たことで「この種目でオリンピックに行く!」と心に決めた。

どのようにスノーボードを上達させていったの?

本格的にスノーボード競技を始めた竹内選手は、中学卒業後、当時は珍しいスノーボード部のある北海道上川高等学校に進学した。ところが彼女を指導していた先生が転勤となったため、彼女も後を追ってクラーク記念国際高校に転校した。
在学中にどんどん実力を伸ばしていった彼女は16歳で全日本チャンピオンになり、2002年のソルトレイクシティオリンピックに18歳で初出場した。そして2003-04年シーズンからはワールドカップにも参戦し始める。

竹内選手の練習拠点は?

竹内選手は2006年に開催されたトリノオリンピック後、海外での練習を希望し、スイスナショナルチームに参加を許されたため、23歳から28歳までスイスに活動拠点を置いた。
しかし2010年バンクーバーオリンピックでは初戦敗退という結果に終わった。そんな迷いの時期、スタドラーコーチの「自分の国をリスペクトし、日本チームで応援されるプレッシャーや責任を感じるんだ」という言葉を胸に帰国を決意する。その後は日本に拠点を据え、充実した練習環境の元でトレーニングを続けている。

竹内智香選手の功績と引退後の夢は?

竹内選手の最も輝かしい功績と言えば、2014年ソチオリンピックでのパラレル大回転・銀メダルだ。予選を1位で通過し、2人1組で対戦する決勝トーナメントでも安定した滑りで着々と勝ち進んだ。決勝ではゴール目前で惜しくも転倒したが、果敢で堂々としたその滑りは日本中に興奮と感動を与えた。
その他の成績としては、帰国後に挑んだ2012年の世界選手権で初優勝を飾っている。また竹内選手は海外選手と共同で「ブラックパール」というスノーボードブランドを立ち上げており、競技引退後はこのブランド展開にも意欲を示している。

まとめ

竹内智香選手の生い立ちから現在に至るまでを簡単に紹介してきたが、いかがだっただろうか?幼い頃からはっきりとした目的意識を持ち、紆余曲折もありながらオリンピックメダリストという夢を実現した強い女性というイメージだ。彼女は現在も2018年の平昌オリンピックに向けて練習を続けている。次回も彼女の活躍を期待したい!

関連記事

おすすめの記事