「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

プロのスノーボードの選手 平岡卓選手の功績

2017 1/30 21:29
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典: http://www.transworldweb.jp/snow/

プロスノーボーダーの平岡卓選手は、ソチオリンピックの銅メダル取得をされて日本中の注目を浴びた。幼少の頃からスノーボードを始めたが、練習が難しい奈良県御所市の出身だ。どういった経緯で大活躍されているのか、平岡卓選手の功績とともに彼の温かいエピーソードも紹介する。

平岡卓選手のおいたち

平岡卓選手は、1995年10月29日生まれで奈良県御所市出身のプロスノーボーダーだ。
御所市職員の父親がスキーのモーグルをしていた影響で幼少の頃からスキーを始め、小学校1年生の時に家族でスノーボードをしたことがきっかけで本格的に始めた。
小学校3年生の頃に岐阜県のスノーボードショップフッドに所属して大会などに出場している。 始めた1年後の2年生の時には、全日本スノーボード選手権西日本大会東部地区男子ユース部門で優勝をし、12才でプロスノーボーダーになった。

数多くのスノーボードハーフパイプ試合実績

ずっと以前からも世界的な大会で多くの入賞をされていた平岡選手だが、一般の人へ全国的に有名になったのはやはり2014年18才の時のソチオリンピックでの3位(銅メダルだ。日本中から見守られ一気に注目の選手となった。
オリンピック以前からも現在でも世界的な大会に出場している。スノーボード世界ジュニア選手権、FISワールドカップ、BURTON US OPEN等では優勝を果たし、スノーボード世界選手権、X Games等でも数えきれないほどの上位入賞をするという功績をあげている。

受賞履歴は?

数々の世界大会で成績を残してきた平岡選手だが、オリンピックの前にも文部科学省の定める賞を受賞している。
2010年 国際競技大会優秀者表彰
文部科学省の定める賞だ。世界的規模のスポーツの競技会において優れた成果を挙げたということで受賞した。
オリンピック後には、 大阪市天王寺区の上宮高校を卒業したばかりの時期に大阪府の松井一郎知事から知事賞の「感動大阪大賞」と「大阪スポーツ大賞」を授与された。また、奈良県で初めての冬のオリンピックのメダリストであると奈良県スポーツ特別功労賞で栄誉をたたえられた。

父との二人三脚

平岡選手を語るのにお父様の話ははずせない。雪のない奈良の御所市在住で練習場のない環境で育ったにもかかわらずこれほどの実績があげられた背景の一つに父親の賢治さんのサポートがあった。
冬は毎週金曜の夜に賢治さんの運転する自動車で岐阜のハーフパイプのある高鷲スノーパークまで行き日曜の夜に帰るというハードな生活を中学3年頃までの8年間送っていた。自宅ではトランポリンを使い空中での感覚を身に着けていた。

GSP(御所スケートボードパーク)のプロデュース

スケートボード、サーフィンが趣味という平岡選手だが、どちらもスノーボードの練習につながっているようだ。冬はスキー場に遠征して練習していたが、夏場は他県のスケートボード場でスケートボードを使って練習していた。幼少の時に練習場所に苦労したこともあり、地元を盛り上げようと2016年秋に御所市に西日本最大級となるスケートボードパークをオープンした。
スケートボードは2020年の東京五輪で正式種目となっている。彼の地元からオリンピック選手が生まれたら素敵なことだ。

まとめ

いかがだっただろうか?まだ小さな頃から表舞台に立ち、若くして数多くの大会入賞経験を持っている平岡卓選手だが、自分のことだけでなく地元に貢献したり日々努力を続けておられる。今後のますますの活躍を楽しみにしたい。

関連記事

おすすめの記事