「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

プロのスノーボードの選手 平岡卓選手の功績

2017 1/30 21:29
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典: http://www.transworldweb.jp/snow/

プロスノーボーダーの平岡卓選手は、ソチオリンピックの銅メダル取得をされて日本中の注目を浴びた。幼少の頃からスノーボードを始めたが、練習が難しい奈良県御所市の出身だ。どういった経緯で大活躍されているのか、平岡卓選手の功績とともに彼の温かいエピーソードも紹介する。

平岡卓選手のおいたち

平岡卓選手は、1995年10月29日生まれで奈良県御所市出身のプロスノーボーダーだ。
御所市職員の父親がスキーのモーグルをしていた影響で幼少の頃からスキーを始め、小学校1年生の時に家族でスノーボードをしたことがきっかけで本格的に始めた。
小学校3年生の頃に岐阜県のスノーボードショップフッドに所属して大会などに出場している。 始めた1年後の2年生の時には、全日本スノーボード選手権西日本大会東部地区男子ユース部門で優勝をし、12才でプロスノーボーダーになった。

数多くのスノーボードハーフパイプ試合実績

ずっと以前からも世界的な大会で多くの入賞をされていた平岡選手だが、一般の人へ全国的に有名になったのはやはり2014年18才の時のソチオリンピックでの3位(銅メダルだ。日本中から見守られ一気に注目の選手となった。
オリンピック以前からも現在でも世界的な大会に出場している。スノーボード世界ジュニア選手権、FISワールドカップ、BURTON US OPEN等では優勝を果たし、スノーボード世界選手権、X Games等でも数えきれないほどの上位入賞をするという功績をあげている。

おすすめの記事