「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

初心者必見!スノーボード、ゲレンデでのルールやマナー

2016 12/1 16:42
スノーボード
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Mny-Jhee / Shutterstock.com

今年こそスノボを始めてみようかな。そんなあなたに送る、スノーボードのルールやゲレンデでのマナー。新しくスポーツを始める時には、ルールやマナーを確認しておくのもとっても大切ですよね。当たり前の内容もあるかもしれませんが、是非確認してみてくださいね。

スノボを楽しむための、ゲレンデでのルール

スキーにもスノーボードにも共通の、ゲレンデでのルールを確認しておきましょう。
まずは『主なコースを滑っている人が優先』という大前提があります。合流するポイントなどがあるゲレンデのコースでは、主となるコースを滑っている人が優先です。迂回路からコースに入る時は、主なコースを滑っている人がこないか確認しましょう。迂回路ではなく、双方がきちんとしたコースの場合は、お互いに注意して、ぶつからないよう気を付けましょう。また、途中で転んだり、止まっている場合は、滑っている人の方が優先です。
自分が止まってしまった場合は、滑り始める時に、上から滑ってくる人の邪魔にならないように注意しましょう。お互いに滑っている時は、前を滑っている人が優先です。追い越す場合は前を滑っている人の邪魔をしないように注意しましょう。

コースの途中で止まったり休んだりは厳禁!

『死角になるところに注意!』死角になるところで止まると、滑ってくる人が見えずに衝突してしまい、大変危険です。上から見えにくい場所で止まったり、休んだりしてはいけません。上級者の人たちは、人が滑らないような場所を滑ったりもします。
また、コース上で座り込んだりしてはいけません。滑っている人の邪魔になってしまいますので、注意しましょう。初心者が、「こんなところを滑る人はいないだろう」と思っても、上級者の人たちはそういうところを好んで遊んだりもします。頑張って下まで降りてから休憩しましょう。

基本的なマナーも忘れずに。

グループで滑っていて、途中で止まる場合には、横に広がらないように注意しましょう。止まる時は縦に並びます。横に広がってしまうと、上から滑ってきて追い越す人の邪魔になってしまいますね。また、チラチラ見られているな、と感じたら、近くにその人たちが遊ぶポイントがあるのかもしれません。移動するのを待っているかもしれないので、少し移動してみてくださいね。
また、他の人のボードなどはむやみに触ったり、もちろん踏んだりしてはいけません。スノーボードはエッジで簡単に傷がついてしまいます。場合によってはとても怒られます。注意しましょう。

初心者のうちはパーク内に入るのはやめましょう。

ジャンプをするためのキッカーや、スライドして遊ぶレール、ボックスやハーフパイプのあるところはパークと言われる場所です。用がない時にその近くを滑るのはやめましょう。最初のうちは、パーク内のどこを滑っても良いのか、いけないのかがわからないですよね。むやみにパーク内を滑ってしまうと、衝突や事故の原因にもなりますし、もちろんルールを守って遊んでいる上級者の方たちの邪魔になってしまいます
。ルールを知らない初心者を無理に避けようとした上級者が怪我をしてしまう、という事故も時々耳にします。ある程度慣れるまでは、パークへ入るのは我慢しましょう。

ジャンプ台(キッカー)には慣れてから。

スノーボードのジャンプ台にはさまざまな種類があります。一番ゲレンデでよく見るタイプのジャンプ台はステップダウンキッカーですが、ジャンプ台のことをまとめてキッカーと呼ぶこともあります。
ジャンプ台についても、滑ることに慣れて、ルールなどをよく学んでから挑戦してくださいね。コース上にあるジャンプ台には、スタート地点で順番待ちをしている人がいますので、突然そのコースに入ったり、ジャンプ台を飛んだりしてはいけません。大変危険です。滑っている途中でジャンプ台を見つけたら、すでに助走に入っている人、飛ぼうとしている人がいないかしっかり確認してから飛びましょう。
また、ジャンプ台の上に登ってはいけません。知らずにジャンプ台自体を壊してしまう場合もありますし、人がいると待っている人が飛べません。場合によっては、とても怒られることもあります。どこに入っていいのか、登っていいのかがわかるまでは、ジャンプ台にのぼるのはやめておきましょう。

まとめ

何かを新しく始めるときは、とてもワクワクするものですし、上達してくると更に楽しいですよね。ルールやマナーをしっかりと守って、一つずつ上手になっていきたいですね。スノーボード、是非楽しんでみてくださいね。

関連記事

おすすめの記事