「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

お互いをライバルと認めあう、スキー界の注目選手エピソード4選!

2017 3/3 18:51吉田 和喜
スキー モーグル
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Alex Egorov/ Shutterstock.com

スキー競技は基本が個人戦、敵がいるわけではなく常に自分との戦いだ。そんな中でもお互いに認め合い、ライバルとして切磋琢磨する選手たちのエピソードは胸を打つスポーツマンシップに溢れている。スキー界のライバル関係にある選手たちのエピソードに注目しよう。

お互いを認め合う美しきライバル関係

スキー競技はジャンプ団体などを除いては個人競技。常に最善のパフォーマンスを目指す、自分との戦いだ。ただそんなスキー競技でも、お互いの技術や競技姿勢を認め合うライバル関係にある選手たちがいる。
お互いに認め合いうスポーツマンシップ溢れる、スキー選手たちを4組紹介する。

スキージャンプ界 高梨沙羅選手とサラ・ヘンドリクソン選手

高梨沙羅選手は日本が世界に誇る女子スキージャンプの女王。スキージャンプ・ワールドカップで女子歴代最多勝利という偉業を成し遂げ、年齢も若いためこれからさらに活躍が期待されている。経歴だけを見ると敵なしのようだが、彼女がライバルとして挙げるのがサラ・ヘンドリクソン選手。ワールドカップ個人総合の初代女王だ。飛び出しから着地までを流れるように行う美しいジャンプを武器にしている。
ただ13年からは怪我に悩まされ、思うようなパフォーマンスができていなかった。それでも懸命にリハビリを行い、16年より本格始動した。ともに女子ジャンプ界を引っ張てきて来てくれた2人のジャンプに注目しよう。

おすすめの記事