「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

フリースタイルスキー・グラトリの初心者におすすめの技とは!

2016 11/19 13:39
スキー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Federico Rostagno/Shutterstock.com

フリースタイルスキーのグラトリを始めたいけれど、何から覚えればいいのかわからないという初心者の方は必見!簡単に出来る技やコツを知れば、あなたもカッコよくゲレンデを滑れること間違いなし!

フリースタイルスキー・グラトリ初心者向けの技①

グラトリの基本中の基本として、ストレートジャンプの習得は必須だ。簡単にいうと、滑走してそのままジャンプするという技で、浮遊感を感じながらジャンプするコツさえつかむことができれば、初心者でも習得できる。
最初はキッカーから入るという人もいるが、まずはこのジャンプを体で覚えておくことで、次のステップへ行きやすくなる。回転やグラブへ進む基礎といえる技なので、ぜひ最初にマスターすることをおすすめしたい。

フリースタイルスキー・グラトリ初心者向けの技②

ストレートジャンプを習得したら、次に覚えたい技はグラブだ。この技は初心者が覚える、一番最初の技らしい技といっても過言ではないと思う。グラブは簡単に説明するとキッカーから飛び出した後に、スキー板をつかむというトリックで、どのようにつかむかでその技の名前や難易度も違ってくる。
その中で、最も難易度が低くチャレンジしやすいのが、セーフティグラブだ。右手で右足を、または左手で左足のブーツあたりのスキー板をつかむ技だ。

フリースタイルスキー・グラトリ初心者向けの技③

最も簡単なグラブとしてセーフティグラブを紹介したが、その次に習得したい技は、同じグラブの中でも最もポピュラーとされているミュートグラブだ。
右手で左足を、または左手で右足のスキー板をつかむというグラブトリックで、見ている側もフリースタイルスキーが交差するように見えるため、美しく格好良く見えるのが特徴だ。まずは基本のトリックの第二段階として、この技の習得をお勧めしたいと思う。

フリースタイルスキー・グラトリ初心者向けの技④

次に紹介する技は、スライドだ。グラトリにおいて、体重移動や滑りながらバランスをとる技術は、どうしても必要になる。スライドを成功させるには、次のようなポイントがある。まずはスライドする際に板がしっかりとセンターにのっているか、そして斜面方向に対してまっすぐに滑れているか、この2点を確認しよう。
さらにこのスライドに加えて、斜面に斜めに滑走するリーフスライドもできれば基礎の完成といえるだろう。左右前後同じ角度のまま滑走できればOKだ。速度を一定に保ち、体重のバランスが取れているか確認しながら滑ろう。

フリースタイルスキー・グラトリ初心者向けの技⑤

次に覚えるべきグラトリのトリックは、ストレートローテーションと呼ばれている技だ。これは、体を横回転させるスピンの中でも基本的な技で、ヘリコプターとも言われている。360度回転することが難しい場合は、180度の半回転をマスターしていこう。
これができれば、飛び出し後に後ろ向きになるイメージを掴んでいき、思い切り飛び出すことがポイントになる。思い切りと恐怖心に打ち勝つことが、第一の技ともいえるかもしれない。

まとめ

基礎技術を習得して、次なる大技につなげていけるよう練習してみよう。もっとすごい技にチャレンジしてみたくなるかもしれない。

関連記事

おすすめの記事