「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

中部地方で、日帰りスキーやスノーボードを楽しめるスキー場紹介

2016 11/19 13:39
スキー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Satao/Shutterstock.com

スキーやスノーボードはウインタースポーツの代表で、子どもから大人まで楽しめます。中部地方は岐阜県や長野県を中心に良いスキー場が豊富なので、日帰りで気軽に楽しめるスキー場をいくつかピックアップしてご紹介したいと思います。

中部地方の日帰りと言ったら ダイナランド&高鷲スノーパーク

中部地方で日帰りスキーをするなら、筆頭は岐阜県奥美濃にある「ダイナランド&高鷲スノーパーク」です。ここは、「ダイナランド」と「高鷲スノーパーク」というスキー場が隣り合い、共通のリフト券で行き来できる、西日本最大級のスキー場です。コースも両方併せて32コースあり、ダイナランドは、特にダイナ三大初心者コースと言われる第一ゲレンデや松ゲレンデなど初心者には安心なコースが豊富です。
一方の高鷲スノーパークには中上級者コースが多く、コブ斜面のテクニカルコースや難関斜面のチャンピオンコースなどがあり、初心者から上級者まで満足できるはずです。

愛知県内唯一のスキー場 茶臼山高原スキー場

茶臼山高原スキー場は名古屋や豊橋、浜松もからも2時間ほどあれば行くことのできる、愛知県北設楽郡の茶臼山にあるスキー場。基本はスキー利用のみですが、日曜日に限りスノーボードも楽しめます。そり専用ゲレンデがあり、子どもだけでなく大人も滑ることができます。
コースは、ベルコンか徒歩で行って滑るなだらかなファミリーゲレンデや、南アルプスを見下ろしながら滑ることのできるコースなどもありファミリーから上級者まで楽しめるコースラインナップとなっています。
ちびっこデー、レディースデー、メンズデーなど、ほぼ毎日サービスデーを実施しています。

日帰りでいける福井県のスキー場なら 九頭竜スキー場

名古屋から2時間半ほどで行ける福井県の「九頭竜スキー場」。白鳥西ICから近く、周辺には岐阜県の「ウイングヒルズ白鳥リゾートスキー場」もあります。
ゲレンデが北向きにあるので雪のコンディションがよく、初級者コースのファミリーゲレンデでも最大傾斜20度。上級者コースでは最大41度ある傾斜がきついコースやコブのあるコースもありますが、雪質がよいので滑りやすいです。ビギナーやファミリーから上級者まで満足できるスキー場です。
隣接する「パークホテル九頭竜」の大浴場で疲れを癒すこともできます。

安心のスキーオンリーのスキー場 きそふくしまスキー場

長野県で唯一の“スキーオンリー”のスキー場「きそふくしまスキー場」は、ファミリーからシニアまでが安心して楽しめるスキー場です。
木曽御嶽山に向かって滑走できるコースや、山頂から望む360度のパノラマの景色を楽しみながら4,600mを滑るロングコース、コブや傾斜を楽しめる上級者コースなどさまざまなコースがあります。また、キッズゲレンデのウィンキーパークには、動く歩道があり、雪遊びやそり遊びができます。
キッズルーム、トイレ、授乳室完備の休憩室などの設備が整っていますので、おじいちゃん、おばあちゃん、お父さん、お父さん、お子さんと三世代で楽しめるスキー場です。

高速ICスグ・山道なしで日帰りに最適 伊那スキーリゾート

駒ヶ根IC、伊那ICから15分ほどで、山道を走らなくてもいくことのできる「伊那スキーリゾート」は長野県にあります。正面に南アルプス、眼下には天竜川眺めることのできるコースなど、コースは3本。緩斜面で幅が広いゲレンデなので、初・中級者におすすめのスキー場です。
場内にあるわくわくランドは、ムービングベルトをはさんでそり遊びエリアと初心者用のエリアに分かれていて、お子さんも安心して遊ぶことができます。伊那スキーリゾートには上級者コースはないので、お子さん中心にファミリーで楽しむスキー場としておすすめです。

まとめ

福井県、岐阜県、長野県、愛知県と中部地方のスキー場を紹介しましたがいかがでしたか。まだまだ中部地方にはご紹介したいスキー場がたくさんありますが、ぜひこの記事を参考に自分にあったスキー場を探して、スキーやスノーボードをお楽しみください。

関連記事

おすすめの記事