「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

関東で日帰りスキーやスノーボードが楽しめるスキー場の紹介

2016 11/19 13:39
スキー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by liga8/Shutterstock.com

ウインタースポーツシーズンを前に、今年からスキーやスノボをはじめてみようと思っているあなた。まずは、気軽に日帰りから楽しんでみましょう。関東からの日帰りが可能なスキー場をいくつかピックアップしてご紹介したいと思います。

首都圏から2時間以内。日帰りに便利な ノルン水上スキー場

群馬県にある「ノルン水上スキー場」は、関越自動車道の水上ICから近く、全日24時間無料の駐車場があるので、早めに到着して車内で休み、朝一から滑ることができます。
コブ斜面から急な斜度と起伏の激しいエキサイティングな上級者コースをはじめ、ほどよい傾斜を楽しんだり、2kmのロングランも楽しめるコースなどもあり初級者、中級者も十分すべることができます。
また、ベストシーズンの金曜日と土曜日は24時までのナイター営業も行っているため、心行くまで楽しめるのが特徴です。

日帰りスキーヤー定番の 晴れ、どきどき 富士見パノラマリゾート

通称「ふじぱら」と呼ばれている「晴れ、どきどき 富士見パノラマリゾート」は、長野県にあります。東京八王子から90分しかかからず、日帰りスキーヤーの定番のスキー場となっています。
高速道路からみえるゲレンデの中にハート形をしたエリアがあり、恋人の聖地に認定されています。場内にはハートのおまじないポイントが隠されていて、伝説のおまじないを完成させると愛が深まるパワースポットとして、たくさんのカップルが訪れます。
コースは7本あり、八ヶ岳を望みながらのコースや、上級者用の傾斜でありながらなめらかなコースなど、どのコースも初心者でも十分楽しめるところが魅力です。

新幹線から直通のスキー場 GALA湯沢

新潟県のスキー場でおすすめは、「GALA湯沢」です。新幹線で東京から最速77分。改札を抜けるとすぐスキーセンターがあり、ゴンドラでゲレンデへ直結しています。ゲレンデは、南エリア、中央エリア、北エリアと分かれていて、あわせて15本以上あるコースは初心者から上級者まで十分楽しめます。
また、ゴンドラやリフトで「湯沢高原スキー場」や「石打丸山スキー場」など他のスキー場へもアクセスでき、おもいっきりスキーやスノーボードを楽しむことができます。
スキーを楽しんだ後には、駅構内にある「SPA ガーラの湯」で温泉に浸かって疲れを癒すこともできます。

近くて、おしゃれなスキー場 サンメドウズ清里

都心から約2時間程で行けるスキー場の多い山梨県。その中で特におすすめなのは、「サンメドウズ清里」です。ゲレンデからの景色は富士山の眺望が抜群で、八ヶ岳の大自然も満喫できるスキー場です。
景色を見ながらのパノラマリフトで一気に頂上まで上ったら、中級から初級に滑り込むコースや山の中腹にある2本の上級コース、それらの迂回コースなど多彩なコースがそろっています。
また、若者いカップルに人気の清里エリアにあるので、清里の食材を中心におしゃれなメニューがたくさん揃う雰囲気のいいレストランもあります。清里ベーカリーでは、焼きたてのパンをオリジナルスープなどと楽しむことができ、休憩にぴったりです。

富士山の麓でスキーやスノーボードが楽しめる スノータウンイエティ

静岡県の裾野市にあり、世界遺産「富士山」の麓二合目で滑るスキー場「スノータウンイエティ」もおすすめです。メインの2本のコースを中心に、なだらかなゲレンデが多く、富士山をバックに滑りながら横浜まで眺めることができ、景色を満喫することができます。
またスノースタジアムもあり、そり遊びや雪遊びができるエリアがあったり、直線150mをチュービングなどで疾走したりと、様々なスノーアクティビティが楽しめるファミリーにも最適なスキー場です。また、外気温に左右されにくい造雪機で毎日雪を650tも作ることで、10月中旬という早い時期にオープンする屋外ゲレンデとしても有名です。

まとめ

関東からアクセスしやすい群馬県、長野県、新潟県、山梨県、静岡県の5県から日帰りのスキーやスノーボードにおすすめのスキー場をご紹介させていただきました。今年の冬もスキーやスノーボードを、ご家族や恋人、仲間とぜひお楽しみください。

関連記事

おすすめの記事