「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

カッコよ過ぎる!フリースタイルスキーとは?

2016 11/19 13:39
スキー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Iurii Osadchi/Shutterstock.com

フリースタイルスキーは普通のスキーやスノーボードに飽きてしまった方にオススメの競技。スキーで滑りながらジャンプや宙返りなどの空中演技を行う競技です。モーグル、エアリアル、スキークロス、ハーフパイプ、アクロなど種目も豊富。観戦初心者の方向けにルールや概要を説明します。

華やかでアクロバティックな競技「モーグル」

モーグルは、こぶが連続した急な斜面を滑走しながら、ターンの技術やジャンプや宙返りなどのエア技術を交え、タイムと技術を競う競技です。滑走中に行うエア演技は2回と決められています。モーグルという名前は、ノルウェー語で雪の凸凹(こぶ)という意味です。
モーグルは、ターン、エア、スピードの3つの項目の得点で競い、中でも最も配点が高いのがターンの得点(全体の約50%)です。急斜面のこぶを滑り降りる時に非常に高いターンの技術を必要とされます。

ダイナミックな空中回転を競う競技「エアリアル」

エアリアルとは、空中を意味する言葉です。スキー板を履き、キッカーと呼ばれる人工のジャンプ台を使ってジャンプし、着地するまでの間に宙返りやひねりなどの演技を行い競う競技です。
キッカーは、1回転用の小さなジャンプ台と3回転用の大きなジャンプ台があり、日本では難易度の高い3回転用のキッカーを使って飛べる選手は数少ないです。
ジャンプの技は、大きく分けるとフロントフリップ(前方宙返り)とバックフリップ(後方宙返り)があります。ジャンプ中の捻りは、ハーフツイスト(半回ひねり)~トリプルフルツイスト(3回ひねり)まであり捻りの回数が多い程、難易度が高くなります。
空中の姿勢、着地も採点され、体勢が崩れると減点となります。

おすすめの記事