「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

スキーと射撃を組み合わせたバイアスロンとは

2016 11/19 13:39
スキー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Petr Toman/Shutterstock.com

日本では知名度が低いですが、オリンピックの種目にもなっている“バイアスロン”。バイアスロンという言葉は二種競技を意味しており、クロスカントリースキーと射撃を組み合わせたスポーツ。そこでバイアスロンの歴史やルールなどをご紹介していきます。

バイアスロンとは(1)バイアスロンの起源

クロスカントリースキーと射撃の複合スポーツ“バイアスロン”のはじまりは、雪の降る冬に山や野を駆け回って獲物を仕留める“狩猟”が原型です。食料などを獲るため生活の一部だった狩猟が、雪中戦や森林警備隊の鍛錬や技術向上のために用いられました。
1700年代の後半にはノルウェーとスウェーデンの軍人が、スポーツとしておこなったのが競技のはじまりと伝えられています。そして1861年にはスポーツ競技として、世界初のスキークラブ「トリンシルライフル・スキークラブ」が設立されました。

バイアスロンとは(2)オリンピック種目としての歴史

1924年に開催された「シャモニー冬季オリンピック」で、バイアスロンは軍事偵察競技という名目で公開競技がおこなわれました。
その後は3回にわたって開催。そして1960年の第8回「スコーバレー冬季オリンピック」で男子の正式種目に採用。1992年の第16回「アルベールビル冬季オリンピック」では女子も正式種目となりました。
今までさまざまなルール改定がありましたが、もっとも大きな変更は1976年の改正で、30口径ライフル弾の大口径銃から22口径競技用ライフル弾を使用する小口径銃へと変わりました。

おすすめの記事