「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

スキーの技術やスピードと勇気が試されるアルペンスキーとは?

2016 11/19 13:39
スキー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by B.Stefanov/Shutterstock.com

ヨーロッパのアルプスで発展した“アルペンスキー”。雪山を滑走していくスポーツで、さまざまなコースや種目があります。100kmをこすスピードが出ることもあり、スキーのテクニックだけでなく勇気も試されるスポーツ。そんなアルペンスキーの魅力や種目などご紹介します。

アルペンスキーとは(1)スポーツとして発展した歴史

ヨーロッパにあるアルプスの山々を滑走する技術として誕生した“アルペンスキー”。時代とともに進化を重ね、スピードを追い求めるスポーツとして発展していきます。
起伏に富んだコースと通過する旗門を作り、タイムを競い合う競技としてヨーロッパを中心に人気となりました。とくにスイスやオーストリアなどでは国技となっていて、アルペンスキーに勝利した者は英雄として讃えられるほど。
世界選手権やワールドカップなどはもちろん、冬季オリンピックの正式種目としても採用されています。

アルペンスキーとは(2)全種目の共通ルール

さまざまな種目にわかれているアルペンスキー。種目は順を追って説明するとして、まずは“全種目で共通のルール”と“旗門ルール”をご紹介します。
共通のルールに定められているのは、規程の保護ヘルメットとスキースーツに身を包みストッパーがついたスキー板を使用すること。また、スタートは決められた時間の5秒前から5秒後の好きなタイミングで滑走できるというルールもあります。
コース上ではすべての旗門を通過し、ゴールラインを目指します。旗門ルールでは通過すべき全旗門を正しく通らないと失格。旗門の脇を通り過ぎ通過できない場合は、登りなおしてやり直すことが可能。ただし旗門のポールを両足でまたいでしまった場合は即失格です。
最後の旗門を通過したあとに転倒やスキー板が外れるなどのハプニングがあった場合は、歩いてゴールすることも可能です。

おすすめの記事