「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

高梨沙羅 平昌で壁を乗り越え飛躍できるか

2018 2/12 21:38SPAIA編集部
高梨沙羅
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

W杯歴代単独トップの通算54勝は持ち越しへ

平昌オリンピック前最後の実戦となった、1月28日スロベニアのW杯個人第10戦。高梨沙羅は87メートル、88.5メートルの合計256.6点で4位に終わった。奇しくもソチオリンピックと同じ順位である2017-18シーズンW杯では、ヒンターツァルテン(ドイツ)と蔵王で行われた団体戦で優勝した。しかし個人戦での総合優勝はなく、札幌での2位がベスト(2018年1月末時点)。男女を通じて歴代単独最多となる通算54勝の達成は、オリンピック後へ持ち越しとなった。

世界記録を更新し続ける21歳

1996年生まれの高梨は、世界の女子スキージャンプ最年少記録を続々と塗りかえてきた。2011年にオーストリアで行われたコンチネンタルカップで、女子史上最年少優勝を果たす。2012年に蔵王で行われたW杯第11戦では、日本人女子として初めて優勝。2012-13シーズンは、16歳4か月でW杯史上最年少での年間個人総合優勝を成し遂げた。

ソチオリンピックが開催された2013-14シーズンは、W杯個人での女子最多優勝記録を塗り替えて総合優勝。2016-17シーズンには、男女歴代最多タイの通算53勝を達成し、2年連続4度目の総合優勝を果たした。

おすすめの記事