「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

刈谷がホームのラグビーチーム!豊田自動織機シャトルズをご紹介!

2016 10/3 15:52
ラグビー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Africa Studio / Shutterstock.com

ラグビーファンの方とラグビーに興味を持たれている方へ、刈谷(愛知)がホームのラグビーチーム「豊田自動織機シャトルズ」についてご紹介します。

豊田自動織機シャトルズって、どんなチーム?

愛知県刈谷市に本拠地をおくプロラグビーチーム「豊田自動織機シャトルズ」は、地元では「シャトルズ」の愛称で広く親しまれています。所属リーグは2016年においてトップリーグ 。母体会社である1926年創業の豊田自動織機は、トヨタ自動車の原点ともいえる株式会社です。
つまり豊田自動織機シャトルズは、トヨタグループ企業のお抱えのラグビーチームということですね。チームの創設は1984年で、ホームグラウンドは豊田自動織機刈谷グラウンドです。

豊田自動織機シャトルズの「シャトル」って、どんな意味?

豊田自動織機シャトルズの「シャトル」は、織物をするときに使用する横糸を通す器具(かい)のことを言います。なぜこの名前が付けられたのか、その秘密は母体会社である豊田自動織機の創設者にあります。豊田自動織機を創設した豊田佐吉氏が発明したのがG型自動織機と呼ばれる織物機械だったことから、その器具であるシャトルをチーム名に使用したのです。
シャトルという言葉自体には「往復する」という意味もあり、スペースシャトルや、シャトル便といった言葉に使われています。グラウンドを縦横無尽に走り回るラグビーチームには、ピッタリのネーミングですね。

おすすめの記事