「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

豊田がホームのラグビーチーム、トヨタ自動車ヴェルブリッツを紹介

2016 10/3 15:52
ラグビー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Africa Studio / Shutterstock.com

ラグビーファンの方へ、今回はトヨタヴェルブリッツにスポットをあてたいと思います。トヨタヴェルブリッツの歴史やチームについて紹介します。

トヨタ自動車ヴェルブリッツの歴史

トヨタ自動車ヴェルブリッツは、ジャパンラグビートップリーグに加盟するチームで、拠点は愛知県豊田市のトヨタスポーツにあります。
1941年に創立し、当初は「トヨタ自動車ラグビー部」という名称で活躍しており、その時のエンブレムはクラウンを模したマークでした。1949年には全国社会人大会で初出場を果たしています。それから現在までに全国タイトル獲得回数は16回、ジャパンセブンズで優勝2回、YC&JC JAPAN SEVENSでの優勝5回を獲得しています。

トヨタ自動車ヴェルブリッツのチームの特徴

関西社会人ラグビーの中心的存在とも言えるトヨタ自動車ヴェルブリッツは、トップリーグの上位で活躍しているチームです。その強さの秘訣は、フィジカルな強さを持っているFWで攻めるラグビーをしているのが一番の特徴ではないでしょうか。
大型FW選手を多く起用し、前線で体を張りながら突破する強さがあります。DFにしても相手を簡単に突破させない粘りのあるチームで、それらの選手が機能している時は最大の強さを発揮できるのが特徴です。
しかし波があるのも事実で、一度突破されると一方的にやられてしまったりしてしまう弱さもあるため、安定した強さが今後の課題となっていくのではないでしょうか。

トヨタ自動車ヴェルブリッツの注目選手

これまでの試合を振り返って注目選手を挙げてみます。
運動量が豊富で、スクラムも無難にこなせるPRの高橋選手、過去マンオブザマッチを受賞したFB竹田選手。外国人選手では、スティーブン・イエーツやデレック・カーペンターの両CTBでの突破力。そして、これまでの試合からスクラムで優位に立ったチームが優勢であると言える事から、プロップではジュニアジャパンの吉田選手、U20日本代表にも選ばれた高橋選手の活躍が要になるため活躍が注目されます。

トヨタ自動車ヴェルブリッツのホームスタジアム

トヨタ自動車ヴェルブリッツのホームスタジアムである豊田スタジアムは、豊田市の豊田中央公園にあり、国内では2番目に大きく収容人数は45,000人となっています。開閉式屋根になっていますが、強風での使用は天井から落下物が発生する恐れがあるとして原則として閉める事ができない状態となっています。
スタジアム周辺にはトヨタ会館や、豊田市美術館など観光できるスポットも多数あり、応援がてら観光も満喫できる施設となっています。

トヨタ自動車ヴェルブリッツを応援しよう

近年、ラグビーではワールドカップでの活躍もあり、非常に注目度が高くなり、チケットも入手困難な状態もあったほど人気が出てきたスポーツでもあります。
そのため、観戦者も増えており、初めて観戦に行く人も多いのではないかと思います。観戦にはそれぞれのスポーツでマナーがありますので、ラグビー観戦をする場合は事前にマナー等を調べてから行く事をオススメします。
ぜひ豊田スタジアムでトヨタ自動車ヴェルブリッツの活躍を応援したいですね。

まとめ

トヨタ自動車ヴェルブリッツのチームを紹介しました。現在注目されているラグビーの関西社会人チームの中心として活躍しており、今後も期待が高まります。

以上「豊田がホームのラグビーチーム、トヨタ自動車ヴェルブリッツを紹介」でした。

関連記事

おすすめの記事