「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

豊田がホームのラグビーチーム、トヨタ自動車ヴェルブリッツを紹介

2016 10/3 15:52
ラグビー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Africa Studio / Shutterstock.com

ラグビーファンの方へ、今回はトヨタヴェルブリッツにスポットをあてたいと思います。トヨタヴェルブリッツの歴史やチームについて紹介します。

トヨタ自動車ヴェルブリッツの歴史

トヨタ自動車ヴェルブリッツは、ジャパンラグビートップリーグに加盟するチームで、拠点は愛知県豊田市のトヨタスポーツにあります。
1941年に創立し、当初は「トヨタ自動車ラグビー部」という名称で活躍しており、その時のエンブレムはクラウンを模したマークでした。1949年には全国社会人大会で初出場を果たしています。それから現在までに全国タイトル獲得回数は16回、ジャパンセブンズで優勝2回、YC&JC JAPAN SEVENSでの優勝5回を獲得しています。

トヨタ自動車ヴェルブリッツのチームの特徴

関西社会人ラグビーの中心的存在とも言えるトヨタ自動車ヴェルブリッツは、トップリーグの上位で活躍しているチームです。その強さの秘訣は、フィジカルな強さを持っているFWで攻めるラグビーをしているのが一番の特徴ではないでしょうか。
大型FW選手を多く起用し、前線で体を張りながら突破する強さがあります。DFにしても相手を簡単に突破させない粘りのあるチームで、それらの選手が機能している時は最大の強さを発揮できるのが特徴です。
しかし波があるのも事実で、一度突破されると一方的にやられてしまったりしてしまう弱さもあるため、安定した強さが今後の課題となっていくのではないでしょうか。

おすすめの記事