「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

府中(東京)がホームのラグビーチーム、東芝ブレイブルーパスをご紹介

2016 10/3 15:52
ラグビー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Africa Studio / Shutterstock.com

ラグビーに興味を持っている方へ、ぜひ知っておきたい府中のラグビーチーム「東芝ブレイブルーパス」を紹介します。

東芝ブレイブルーパスってどんなチーム?

東芝ブレイブルーパスは、東京都府中市を本拠地とするラグビーチームです。
練習はおもに東芝府中事業所の敷地内にあるグランドで行っています。日本の社会人ラグビー最高峰のジャパンラグビートップリーグに参戦していて、日本代表クラスの選手も多数抱える人気チームであるとともに、毎年のように上位争いに食い込んでくる強豪チームです。同じ府中市に本拠をもつ強豪のサントリーサンゴリアスとは長年のライバルとしてしのぎを削っています。

東芝ブレイブルーパスの歴史

もともとは東芝府中ラグビー部として、1948年に創部されたのが始まりです。1983年に当時の全国社会人大会で決勝進出を果たしますが、松尾雄治を擁する新日鉄釜石に敗れています。1988年からは東日本社会人リーグに参戦。1990年代は戦力も充実して神戸製鋼と激しいタイトル争いを演じました。2003年からはトップリーグに参戦、2006年に正式名称を東芝ブレーブルーパスに変更しています。
ちなみに「ブレーブルーパス」とは勇敢なという意味の「ブレーブ」と狼座を意味するギリシャ語「ルーパス」からなっていて、勇猛果敢さと狼のような組織的なプレーを表しています。

おすすめの記事