「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

府中(東京)がホームのラグビーチーム、東芝ブレイブルーパスをご紹介

2016 10/3 15:52
ラグビー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Africa Studio / Shutterstock.com

ラグビーに興味を持っている方へ、ぜひ知っておきたい府中のラグビーチーム「東芝ブレイブルーパス」を紹介します。

東芝ブレイブルーパスってどんなチーム?

東芝ブレイブルーパスは、東京都府中市を本拠地とするラグビーチームです。
練習はおもに東芝府中事業所の敷地内にあるグランドで行っています。日本の社会人ラグビー最高峰のジャパンラグビートップリーグに参戦していて、日本代表クラスの選手も多数抱える人気チームであるとともに、毎年のように上位争いに食い込んでくる強豪チームです。同じ府中市に本拠をもつ強豪のサントリーサンゴリアスとは長年のライバルとしてしのぎを削っています。

東芝ブレイブルーパスの歴史

もともとは東芝府中ラグビー部として、1948年に創部されたのが始まりです。1983年に当時の全国社会人大会で決勝進出を果たしますが、松尾雄治を擁する新日鉄釜石に敗れています。1988年からは東日本社会人リーグに参戦。1990年代は戦力も充実して神戸製鋼と激しいタイトル争いを演じました。2003年からはトップリーグに参戦、2006年に正式名称を東芝ブレーブルーパスに変更しています。
ちなみに「ブレーブルーパス」とは勇敢なという意味の「ブレーブ」と狼座を意味するギリシャ語「ルーパス」からなっていて、勇猛果敢さと狼のような組織的なプレーを表しています。

東芝ブレイブルーパスのトップリーグでの戦績

2003年にトップリーグに参戦すると、初年度にはリーグ2位の成績を収めます。その後、2004年シーズンからはリーグ1位かつプレーオフも制する完全優勝で3連覇を果たします。
その後も上位の常連を続けて、2008年にふたたび完全優勝、2009年にはリーグ戦3位でしたが、プレーオフを制して優勝と5回のリーグ優勝を果たしています。それ以降も優勝はないもののリーグ3位以内に入る安定した強さを発揮し続けています。

東芝ブレイブルーパスの注目選手

東芝ブレイブルーパスで注目したい選手の筆頭はなんといっても、リーチ・マイケル選手です。2015年9月にイングランドで行われた第八回ラグビーワールドカップでは日本代表のキャプテンを務め、日本中に感動を与えたことで一躍有名になりました。出身はニュージーランドですが、2012年に日本人女性と結婚し、翌年には日本に帰化しています。
他にも長年日本代表で活躍してきた大野均選手や、日本代表でもプロップを務める三上正貴選手など注目選手がたくさんいます。

東芝ブレイブルーパスを生で見よう

東芝ブレイブルーパスの公式サイトにいくと、選手のプロフィールやラグビーのルール解説などの情報だけでなく、公式試合のスケジュールなども見ることができます。
公式試合は全国各地で行われ、東京、福島、愛知、鹿児島、福岡、広島、神奈川、兵庫、静岡、大阪といろいろな場所で試合を見るチャンスがあります。他にも毎年行われるファン感謝デーや、学校、老人ホームなどを訪問して元気を与える活動などもしているので、興味のある方は要チェックです!

まとめ

府中のラグビーチーム、東芝ブレイブルーパスを紹介してきましたがいかがでしたか?トップリーグでは日本代表で活躍している選手もたくさん出場していますので、ぜひ一度生での観戦をおすすめします。

以上「府中(東京)がホームのラグビーチーム、東芝ブレイブルーパスをご紹介」でした。

関連記事

おすすめの記事