「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

府中(東京)がホームのラグビー・サントリーサンゴリアスが熱い

2016 10/3 15:52
ラグビー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Africa Studio / Shutterstock.com

サントリーサンゴリアスは東京都府中をホームとするラグビーのトップリーグチームです。計12回の全国タイトルを獲得している名門チームはどのような特徴があるのか紹介します。

食品メーカー「サントリー」を母体とするラグビーチーム

サンゴリアスは文字通り食品メーカー「サントリー」を母体とするチームであり、チーム名の由来はサントリーの「サン」と太陽のSUN、そして旧約聖書に登場する巨人兵士「ゴリアテ」を組み合わせたものです。
クラブカラーは黄色でユニホームはファーストカラーがシャツとソックスが黄色、セカンドカラーは水色を基調としています(パンツは黒で統一)。チームマスコットは「サンゴリアス君」とよばれるゴリラでタフネス(強靭)、テンダー(優しさ・愛情)、スピリチュアル(精神)を意味しています。

ラグビー・トップリーグの前身、東日本社会人リーグで計6回の優勝

サンゴリアスは1980年に創設。トップリーグの前身にあたる地域リーグ「東日本社会人リーグ」において参加2年目のシーズンとなった1989年度に初優勝し、同リーグにおいては計2002年度までに6回もの優勝を飾りました。03年度から創設されたラグビーの日本最高峰にあたる「トップリーグ」に参加。
同部のOBであり、在籍中に全国社会人ラグビーを3度制覇するなど黄金時代を築いた永友洋司監督が率いたチームは初年度、8勝3敗で12チーム中4位でした。

おすすめの記事