「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

福岡がホームのラグビーチーム、「コカ・コーラレッドスパークス」

2016 10/3 15:52
ラグビー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Africa Studio / Shutterstock.com

盛り上がりを見せている日本のラグビーをもっと知りたい方へ、知っておきたい九州のラグビーチーム「コカ・コーラレッドスパークス」を紹介します。

コカ・コーラレッドスパークスとは?

コカ・コーラレッドスパークスとは、コカ・コーラウェストを母体とするラグビーチームで、福岡県福岡市を本拠地として活動しています。
2005年に日本ラグビーの最高峰であるラグビージャパントップリーグ昇格を果たし、九州では福岡サニックスブルースに次いで2番目のトップリーグ参加チームとなりました。全国でも有名なラグビー強豪校である東福岡高校をはじめとした九州出身選手をベースに、実力のある外国人選手を補強してチーム作りを進めています。

コカ・コーラレッドスパークスの名前の由来やマスコット

コカ・コーラレッドスパークスのレッドはコカ・コーラのイメージカラー、スパークは飛び散る火花に由来しています。
赤いユニフォームをまとい、グラウンドを電光石火で走り回る選手をイメージしたネーミングとなっています。
チームのマスコットは「スパーキー」という名前の、顔が火花のような形をした真っ赤なキャラクターです。
ゆるキャラというよりも特撮ヒーローのようなかっこいいキャラクターで、レッドスパークスのイメージにぴったりです。

レッドスパークスの歴史

チームの始まりは1966年、「日米コカ・コーララグビー部」という名前で活動を開始しました。
当時の福岡社会人ラグビーBリーグに参戦しています。1970年に入るとAリーグに昇格し、1971年、1972年にはAリーグ全勝優勝を果たします。1974年からは西日本リーグへ参戦。西日本リーグではしばらくBリーグで低迷しますが、1998年にBリーグを優勝してAリーグに昇格。2003年からトップキュウシュウAリーグに参戦、2005年にはラグビージャパントップリーグ昇格を果たしました。

コカ・コーラレッドスパークスの注目選手

コカ・コーラレッドスパークスの期待の星といえば、有田隆平選手です。ポジションはスクラムの要であるフッカー。福岡県出身で、東福岡高校ではキャプテンを務めて全国大会準優勝を経験しています。2016年からはサンウルブズのメンバーにも入り、世界の舞台でも活躍が期待されます。
またフランカーの桑水流(くわずる)裕策選手は、2016年リオオリンピックのラグビー日本代表に選ばれ、チーム初のオリンピック選手になっています。

コカ・コーラレッドスパークスを生で見よう

日本ラグビーのシーズンは6月くらいから始まります。トレーニングやプレシーズンマッチが始まり、徐々に雰囲気も高まっていき、7月から次の年の1月までトップリーグ公式戦が開催されます。チームの公式サイトを見れば、トレーニングの予定や試合の日程を確認できるのでチェックをおすすめします。
九州を中心に活動していますが、ほかにも北海道で夏季キャンプを行ったり、アウェイの試合などは西日本を中心にいろいろなところでレッドスパークスを見るチャンスがありますので、ぜひ生で観戦してみてください。

まとめ

福岡をホームとするコカ・コーラレッドスパークスを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?レッドスパークスは福岡市東区のさわやかスポーツ広場を拠点としてトレーニングをしていますが、ホームの試合はサッカーなどにも使われるレベルファイブスタジアムで行われることが多いので気を付けてくださいね。

以上「福岡がホームのラグビーチーム、「コカ・コーラレッドスパークス」」でした。

関連記事

おすすめの記事