「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

日本ラグビー「トップリーグ」のレベルについて

2016 9/28 16:32
ラグビー トップリーグ レベル
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Africa Studio/ Shutterstock.com

日本のラグビー人気は、昨年のワールドカップで日本代表が南アフリカに勝利したことを機に一気に火が付きました。しかし、まだ日本にはラグビーのプロリーグはなく、社会人チームで構成されている「トップリーグ」があるのみです。
ではそのトップリーグとはどのようなレベルのものなのか、プロ選手は存在しないのか、など疑問に思うことを調べてみたいと思います。

ジャパンラグビートップリーグの選出方法は?

2003年に、それまで地域リーグや社会人大会で争っていた日本のラグビーは、トップリーグという社会人の強豪16チームからなるリーグを制定して争うようになりました。
しかし、その選出方法や、それ以前の試合の仕方も毎年小さな改革を経て決まってきたように、未だ日本のラグビーは歴史が浅く、ワールドカップで勝利を経験したことによって、これから強いチームを作っていくように思えます。トップリーグを制定したことにより、それまでなかった全国規模の試合や、世界との実力の差を縮めるべく、強豪同士が戦い実力の向上を図る事も少しづつ叶うようになりました。

トップリーグのレベルは?

いわゆるプロチームというものは、まだ日本のラグビー界には存在していません。社会人のチームの中でプロ契約を結んでいる選手もいますが、強豪のトップリーグでもプロ選手ばかりというわけではありません。
しかし、このトップリーグには世界の有名な選手が多く在籍し、レベルの高いプレーを見せてくれます。日本のトップリーグのシーズンと世界のトップクラスのリーグのシーズンが異なる為、海外の選手が日本のトップリーグにも出場が可能なので、掛け持ちという形で参加ができるのです。そのため、トップリーグを発足した目的のひとつである、日本ラグビーの実力の向上にも一役担っており、これによって世界のレベルに追いつくことを期待したいです。

おすすめの記事