「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ラグビーのトップリーグ選手の年収は?

2016 9/28 16:32
ラグビー トップリーグ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Africa Studio/ Shutterstock.com

2015年のラグビーワールドカップで注目度・人気ともに急上昇中のラグビー。中でも気になるジャパンラグビートップリーグの年収事情と世界のトップクラスのラグビー選手の年収などをまとめました。

トップリーグって何?

日本における社会人ラグビーの全国リーグであるジャパンラグビートップリーグは、16チームでリーグ戦を行ったのち、その上位4チームによるトーナメント選のプレーオフからなっています。2015年にはラグビーワールドカップで世界ランキング3位の南アフリカから歴史的な大金星をあげて大きな話題をよんだラグビー。トップリーグでは、世界各国のスタープレイヤーたちもトップリーグで多数活躍していて、日本各地でそのスーパープレイを見ることができます。

プロと社会人が混在しているトップリーグ

そんなトップリーグですが、プロとして契約している選手はまだまだ少なく、リーグ自体は完全にプロ化したわけではありません。ヤマハ発動機ジュビロなど、すべての選手を社員としているところもあります。社員である選手の場合は、昼や夕方頃まで通常の業務をこなし、その後練習を行います。業務が終わっていない場合は練習後に仕事に戻ることもあります。それに加えて、シーズン中には週末には試合に出場するという勤務形態になります。

おすすめの記事