「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

「限られた戦力でも結果」ヤマハ発動機監督引退の清宮氏の功績

2019 2/10 15:00藤井一
清宮克幸,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

監督としてのスタートは母校早稲田

「今後はチームのアドバイザーとして再びヤマハの監督になる堀川を全面的に支える。そして女子と子供に特化して静岡全体にラグビーをはじめ広くスポーツを根付かせるべく地域に貢献したい。監督はこれで終わり」と語り、清宮克幸(51歳)が8年間務めたヤマハ発動機の監督を退任した。

清宮の指導者としての第1歩は、母校早稲田大学の監督だった。2002年度には13年ぶりの大学日本一に導き、大学選手権優勝は3回。また、2005年度の日本選手権では2回戦でトヨタ自動車を28-24で下した。

大学のチームがトップレベルの社会人チーム(すでにトップリーグは3年目に入っていた)を破ったのは、清宮自身が早稲田大学2年生だった1987年に、まだ大学日本一と社会人日本一のチームの一発勝負だった日本選手権で、東芝府中(現東芝ブレイヴルーパス)に22-16で勝って以来のことだった。

「アルティメットクラッシュ」をスローガンに掲げた、非常にフィジカルなチームは、一つの歴史を作った。

その後は現役時代にプレーしていたサントリーの監督に就任。サントリーでは、最盛期を迎えていた東芝に阻まれトップリーグ、日本選手権制覇は叶わなかったが、2年目にカップトーナメントであるマイクロソフトカップで優勝を果たした。

おすすめの記事