「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

日本はラグビーW杯でベスト8に入れるのか?テストマッチから見えた現状

2018 12/2 11:00藤井一
ラグビー日本代表,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

いきなり露呈した甘いディフェンス、新聞の見出しは善戦だったが

今年の日本代表の試合が全て終わった。秋のテストマッチを含めた4戦は1勝3敗。ワールドカップ(W杯)本番まで1年を切った今、果たして強化は順調に進んでいるのだろうか。

まず、急造チームの世界選抜との対戦。日本は、前半だけでトライを4つも決められた。簡単に取られ過ぎだ。

日本が反撃できたのは、世界選抜のWTBトニ・プルが負傷退場し、変わって入ったパナソニックのFBである森谷圭介の背後をつくキックが有効だったからであり(森谷には失礼ながら)トニ・プルのままなら、28-31と追い上げることができず、大差のまま敗れたであろう。

ニュージーランド2軍に完敗

その翌週はニュージーランド戦。PGで3点を先制された後、日本は田村の正確なキックでニュージーランドにプレッシャーをかけ、FBバレットのキックをアニセサムエラがチャージし逆転トライを挙げた。

しかし、前半15分、ディフェンスのほころびを見逃さないニュージーランドのアタックで再逆転トライを許してからは点差が広がる一方。結局、計10トライを許した。

日本の5トライを評価する見方もあるが、前半21分以降、10点差以内に迫ることさえできない完敗で、最終スコアは31-69。

ニュージーランドは1週前に、W杯決勝会場の日産スタジアムでオーストラリアと戦ったばかりで、その時の先発メンバーは1人も出場していない。つまり、1年後の決勝戦のシミュレーションをし、格下の日本相手には若手の有望選手を試すという非常に有意義な2週間を日本で過ごしたのだ。

もとより、翌週からイングランド、アイルランドとハードなテストマッチが続くわけで、日本戦にベストメンバーなど使っている場合ではないというのが彼らの本音だろう。

おすすめの記事