「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ラグビーW杯へ釜石に新スタジアム完成 こけら落としイベント盛況、一方で課題も

2018 9/1 13:00藤井一
釜石シーウェイブス,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

6年ぶりに集ったV7戦士には笑顔があふれた

来年のラグビーW杯、12の開催地の一つである釜石鵜住居(かまいしうのすまい)復興スタジアムが完成し、そのこけら落としイベントが8月19日に行われた。

ラグビーファンにとって最大の注目はともに日本選手権7連覇を達成した新日鉄釜石と神戸製鋼によるレジェンドマッチであった。

2012年にも新日鉄釜石と神戸製鋼による震災復興レジェンドマッチが秩父宮ラグビー場で行われている。今回は、新スタジアム完成にあわせ、改めて、釜石市の震災からの復興を願って前回とほぼ同じ最高のメンバーが集結した。

釜石SO松尾雄治が走り、CTB小林(角)日出夫がギャップを突く。神鋼LO林敏之が突進し、そのサポートに大八木淳史が走る。

そんな戦いに釜石不動の名プロップ故洞口孝治さん、神鋼のミスターラグビー故平尾誠二さんがいなかったのは寂しい限りだが、これについては松尾雄治がパンフレットに「ホラ(洞口)、平尾、空から試合を見守ってくれ」とのコメントを寄せている。これは出場全選手共通の思いだろう。

試合は前半10分がV7レジェンドメンバーでの対戦で、後半の20分はそれ以外のOBが主に出場するという形式だった。メンバー交代は自由。選手も観客も笑顔、笑顔。夢のような時間が過ぎていった。

松尾雄治,新日鐵釜石レジェンド,Ⓒゲッティイメージズ

Ⓒゲッティイメージズ

メインゲームはシーウェイブス戦

スタンドが一番盛り上がったのはレジェンドマッチだったが、この日のメインゲームは釜石シーウェイブスとヤマハ発動機ジュビロとのメモリアルマッチだ。

現在トップチャレンジリーグに所属し、来季のトップリーグ昇格を目指す釜石。トップリーグで常に優勝を争うレベルにあるヤマハ発動機とこの時期に対戦できるのは大変貴重である。

結果は若手主体のヤマハ発動機がほぼベストメンバーの釜石に29-24で勝った。スコア上は競ったので、スタンドは最後まで熱気に包まれ、イベントとしては成功といえるだろう。

ただ、釜石はスクラムで圧倒され内容的には完敗だった。これは決して明るい材料ではないが、この経験を活かして本番のトップチャレンジリーグに臨んでもらいたい。

おすすめの記事