「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

今後注目のラグビー日本代表選手5人

2016 8/30 05:51
ラグビー 試合
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Mai Groves/Shutterstock.com

ラグビーファン必見!ワールドカップで世界中の注目を集めたラグビー日本代表。本記事は今後の活躍に期待したい選手を5人選んでご紹介いたします。

日本代表の卵 畠山健介選手

一人目はサントリーサンゴリアスに所属する畠山健介選手です。宮城県出身で仙台育英高校を卒業後、早稲田大学に進学しました。178cm、115kgの恵まれた体格から、ニックネームは「空飛ぶヨコヅナ」と呼ばれています。高校時代には3年連続で花園に出場を果たし、全国大学選手権では優勝しチームに貢献しました。
2011年のワールドカップでは日本代表選手に選出され、全4試合に出場するほどの主力選手です。日本代表としてキャップ60を積み上げ、PRでは歴代最多記録を残しています。社交的な明るい性格のおしゃべり好きで、チームのムードメーカーの役割もしています。

スクラムを支える右PR 山下祐史選手

二人目は神戸製鋼コベルコスティーラーズに所属する山下祐史選手です。大阪府出身で都島工業高校でラグビーと出会いその後京都産業大学へと進学しました。183cm、122kgという世界基準の屈強な体でスクラムを支える縁の下の力持ち的存在です。大学チームに在籍時には、平成18年度の第43回大学選手権でベスト4入りに貢献しています。
2012年に行われた対ルーマニア戦ではスタメンに起用され欧州でのテストマッチ、日本代表の初勝利へとチームを導きました。

おすすめの記事