「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

全国大学ラグビー選手権大会の歴代優勝校で最も優勝回数が多いのは?

2017 9/13 14:03Mimu
ラグビー
このエントリーをはてなブックマークに追加

前身の東西対抗ラグビーでは早稲田大学が最多優勝

選手権大会の前身から紹介していこう。この大会は1925年~1963年まで、「東西対抗ラグビー」という名称で行われていた。
第1回大会で同志社大と慶應義塾が対戦し、6-6で引き分け。初回からいきなり優勝校は無しということもあった。東西対抗ラグビーの最多優勝は、早稲田大学の9回。次いで明治大学の8回であった。戦前はこの2大学に加え、京都大学(3回)や慶應義塾(2回)らが優勝争いに加わるという環境が続く。

しかし、戦後からは徐々にそれも変わり、日大や法政、中央、関西でも関西学院大学や立命館大学といった新興校などが台頭してきたのだ。だがこの状況は関東五大学(早稲田・慶応・明治・立教・青山学院)や京都大学・同志社大学など、古くからある強豪校にとっては面白くなかったのか、次第に決勝戦を「不戦」として優勝校が出ない年も多くなっていった。
それに伴って大学ラグビーの人気も下火になっていき、大会自体を一新することとなる。

現在の選手権大会でもやはり早稲田大学が最多!2位には明治がつける

1964年からは、現在の「全国大学ラグビーフットボール選手権大会」が開催された。当初は関東大学上位2校、関西大学リーグ戦上位2校と、東西の上位校のみの出場であった。その後徐々に門戸が広がっていき、今では九州や東北、北海道、中国・四国の大学も出場できるようになった。

やはりこちらの大会でも、早稲田大学が最多優勝である15回を誇っている。準優勝も14回度を数えており、この53年で31度も決勝に進出しているということになる。次いで優勝回数が多いのは、明治大学の12回だ。奇しくも前身の大会と同じ2校となった。

おすすめの記事