「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

今注目のラグビーを観戦する時のマナー5選

2016 8/20 05:15
ラグビー
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本代表の活躍によってラグビーが注目を浴びるようになりました。
ラグビーを知らなかった人も観戦に行く事が多くなったのではないかと思います。
そこで、知っておきたいラグビー観戦時のマナーを5つ紹介します。

スタジアムへの持ち込み禁止物

これはどのスポーツでもほとんど共通ではないかと思いますが、再確認の意味も込めてスタジアム内に持ち込む事の出来ない物を紹介します。
爆竹、花火、発煙筒等の火器類、刃物等の危険物の持ち込みは禁止となっています こういった物を持っていった場合はスタジアムに入る前の検査によって没収されるか、ひどい場合は出入り禁止になる恐れもあります。観戦に行っているのに出入り禁止になってしまうと本末転倒です。
絶対に持っていかないようにしましょう。

ペットを連れての観戦は禁止

近年、ペットを飼っている人も多いのではないでしょうか。 観戦に行く時にペットを連れて行く人も中にはいるかと思いますが、これは禁止行為です。 ただし、介助犬、盲導犬、聴導犬に関しては規定に従い連れて行く事は可能となっています。それ以外のペットはどんな理由であろうと連れて入る事はできません。
また、知らずに連れてきてしまったけど、観戦をしたいからといって車内においての観戦もやめましょう。夏には車内は40度以上の高熱になります。そんな中にペットを2時間以上も放置すると取り返しのつかない事になりかねません。

応援グッズの使用は必ず規約に従って

応援をする際にグッズを持っていく事があるかと思います。ただこのグッズにも規定があり、違反した物を使用する事は禁止されています。
例えば、ホイッスルやサイレン等の鳴り物や楽器、横断幕やのぼり、フラッグ等の使用。これらは使用を許可された人以外の使用は基本的には禁止されています。 勝手に使用してしまったら試合の妨げになってしまう事もありますので注意してください。基本的にはメガホン等の簡単なグッズのみを持っていく事をオススメします。

フラッシュ撮影、動画撮影の禁止

このマナーもほとんどのスポーツで基本的な事かと思いますが、試合の妨げになるようなフラッシュ撮影はしてはいけません。応援にきているのに選手の邪魔をしてしまっては、応援ではなく妨害行為となってしまいます。フラッシュをOFFにした状態で周りの人の迷惑にならないように撮影しましょう。
ビデオカメラによる動画の撮影は、選手等の肖像権を侵害する行為となります。これは犯罪行為にも繋がってしまいますので、絶対にしないように気をつけましょう。

キック時は静かにする事

ラグビーのキック時は選手にとって得点が入るか入らないかの一番緊張感のある場面です。
この時は静かに見守る事がマナーとなっています。手拍子や拍手、また大きな声で掛け声をする等の行為はマナー違反となりますので、絶対にしないようにしましょう。 バレーボール等の試合観戦の時などは、サーブの時などに掛け声をしたりといった事をよく見るかと思いますが、スポーツにはそれぞれのマナーがあります。
キック時は静かに見守り、成功したら拍手や歓声などは大丈夫ですので、気をつけましょう。

まとめ

ラグビー観戦時におけるマナーを5つ紹介しました。
初めて観戦に行く人が増えていると思いますが、みんなが気持ち良く観戦できるようにマナーを守って試合を楽しみましょう。

以上「今注目のラグビーを観戦する時のマナー5選」でした。

関連記事

おすすめの記事