「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ラグビーを見るなら知っておきたいラグビー用語5選

2016 8/20 05:15
ラグビー,スクラム
このエントリーをはてなブックマークに追加

ラグビーにはまってみたい方へ。
迫力ある試合を見るのは楽しい、けれどルールや用語がわからないということもあるかと思います。
ここではラグビーを見る時に知っておきたい用語をご紹介します。

【トライ】ってどういう意味?

トライとは、ラグビーの得点方法で、サッカーでいえばゴールにあたるものです。
相手のインゴールと呼ばれる陣地内に、攻撃側の選手がボールに触れる形でボールを地面に付けることがトライです。 このトライを決めたチームには5点が与えられます。
ちなみに、ラグビーの中にも「ゴール」がありますが、サッカーのそれとは違って、トライを決めるとキックをする権利を与えられ、それを決めることがラグビーでのゴールです。

【スクラム】ってなに?

簡単に言えば、8人で組んでボールを奪い合うのがスクラムです。反則をした際に、一旦プレーが止まったとき、それを再開するためのプレーです。反則を犯したチームではない側のチームがボールの保有権を持ち、両チームのFWと呼ばれるポジションの8人ずつが肩を組んで、相手の8人とぶつかります。
ボールの保有権を持つチームが、両チームの間にボールを転がし入れ、8人の選手はスクラムを組みながらも、自分たちのボールにすべく、足でそのボールを自分たちに寄せようとします。 そのボールをスクラムの後方まで運び、もともとスクラムにボールを転がし入れた選手がそれを受け取り、味方にパスをして試合は流れていきます。

【スローフォワード】とは?

試合を見ていると、ラグビーではボールを遠くへ投げて運んでいるスポーツなんだと思うかもしれません。確かにその通りですが、ボールをどこへでも投げていい訳ではなく、必ず自分より後方に投げる必要があります。アメフトと違って、ボールを前へ投げることは反則となり、その反則こそがスローフォワードです。
つまり、本来は後方へ投げなければいけないボールを自分より前方に投げることが反則で、それがスローフォワードと判定されます。

【ラインアウト】ってなんだろう?

サッカーでいえばスローインにあたるのがラインアウトです。
タッチラインを割ったときに試合を再開させるプレーですが、サッカーと大きく違うのは、どこに投げてもいい訳ではないということです。
原則的にボールを投入するのは、ボールを蹴りだした側ではない方のチームです。ゴールラインに平行するように両チームの選手が並び、投入権を持つチームがボールを投入れます。 このとき、注意するのは、両チームの真ん中に投げる、つまり、自分のチームの有利な側に投げてはいけないということです。

ラグビーの【タックル】って何のため?

体をぶつけて相手の突進を止めることをタックルといいます。
体と体のぶつかり合いが目立つラグビーの試合を見ていると、サッカーと違って、ラグビーのタックルはどこにでも食らわせていいように感じますが、そうではありません。
ラグビーの場合、相手の胸から下を目がけて飛び込んでいきます。体重の重い方が優位ですが、軽い選手は相手の動きを読んでタックルすれば止めることもできます。
ラグビーでは、地面に倒れた選手は必ずボールを離さなければいけないというルールがあるので、とにかく相手を止めるためにタックルすることが重要なのです。

まとめ

ラグビーには用語がたくさん出てきますが、少しずつでもその意味を分かっていくと、実はとても分かりやすいスポーツです。用語を勉強していって、ラグビー観戦を楽しみましょう!

以上「ラグビーを見るなら知っておきたいラグビー用語5選」でした。

関連記事

おすすめの記事