リオ五輪で活躍!7人制ラグビーの出場選手は? | SPAIA

「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

リオ五輪で活躍!7人制ラグビーの出場選手は?


【男子編】強力なリーダーシップでチームを引っ張る桑水流裕策

15人制ラグビーではコカコーラ・レッドスパークというチームで主力メンバーとして活躍している桑水流裕策選手。
日本ではほぼ注目されることのなかった11年前から7人制日本代表に抜擢され、現在ではキャプテンとしてチームを引っ張る存在になっています。 きっと本人も当時は「ラグビーでオリンピックに出場する」とは夢にも思っていなかったことでしょう。188センチ97キロという日本人として恵まれた体格を武器にして挑みました。

【男子編】力強い走りとスピードが魅力!レメキ ロバノ ラヴァ

15人制ラグビーは日本国籍でなくとも日本在住3年以上で代表に選出されることができます。しかし、オリンピックでは日本国籍の選手しか出場することができません。
2009年にニュージーランドから来日したレメキ選手は、7人制の日本代表に選ばれた後めきめき実力を発揮。相手のタックルもものともせず、一目散にトライを目指す走りはまさに日本代表のウェポン!
2014年には日本国籍を取得してオリンピック出場資格を満たしました。

【女子編】日本代表キャプテンとしてキャプテンシーを発揮する中村千春

もともとバスケットボールの選手として活躍していた中村千春選手。しかし、大学卒業を前にして7人制ラグビーに転向し、バスケットボールで鍛えた豊富な運動量を武器にめきめきと力をつけ、いまや女子代表選手のキャプテンに選ばれるまでになりました。
ちなみに、チームの選手には「アニキ」と呼ばれているそうな…。卒業後、大手広告代理店に入社しましたが、リオ五輪に集中するため休職していました。

【女子編】天性のスピードで相手を切り裂く美人アスリート、山口真理恵

美人揃いと言われる7人制女子ラグビーの選手。その中の1人が山口真理恵選手です。小学校から家族の影響でラグビーを始め、17歳の若さで日本代表に選出!
彼女の持ち味は、50m6秒6と足の速さではチームNo.1。初速からトップスピードに到るまでのダッシュ力にも定評があり「真理恵にボールを回せば何とかしてくれる」という絶大な信頼感を得ています。 そんな彼女は、勤めていた会社を退職し、女子ラグビーでは数少ないプロ選手になりました。

【レフリー編】22歳の若さでリオ五輪のレフリーに選ばれた、川崎桜子

リオ五輪の女子7人制ラグビーで試合を裁くレフリーは世界でわずか12人。その中で日本人として唯一選ばれたのが川崎桜子さん。
さぞかしベテランなんだろう思いきや、現在22歳の川崎さんがレフリーをはじめたのは大学2年生の時でした。 今年帝京大学を卒業して社会人になったばかりの彼女が、世界の檜舞台でレフリーを務めるのは快挙と言うほかありません。

おすすめの記事

関連記事

プロ野球 試合経過・結果

  • 本日開催される試合はありません
SPAIA スポーツコラム ライター募集中!