「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

女子ラグビー、東北地方の強豪チームを紹介

2017 7/10 10:01kinsky
ラグビーボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by SU1000/Shutterstock.com

ラグビーの競技人口が女子でも年々増え続けています。東北地方では以前まで高校や大学にクラブは無かったものの、クラブチームの活動は盛んです。そこで東北各県における女子チームを抜粋して解説します。

「東北ユース女子ラグビー」チームは、各県の精鋭が結集

東北5県(青森、岩手、宮城、山形、秋田)の小学生から高校生までの女子が集まってチームを作っているのが「東北ユース女子ラグビー」(練習グランド・岩手県奥州市)チームです。普段は各県ごとで離れて練習を行っていますが、大きな大会になると全青森、全秋田、全宮城、全岩手、全山形の選手が集結します。
青森県などで行われる「東北・北海道女子ラグビー交流会」他、「青森県ラグビーカーニバル」への参加、さらにリオ五輪に出場した「サクラセブンズ」の選手とも交流会を開いており、未来の五輪・ワールドカップ選手を目指して練習に励んでいます。

「宮城女子ラグビークラブ」は仙台拠点の7人制チーム

「宮城女子ラグビークラブ」は仙台を拠点としているクラブチームで、中学生から30代までの幅広い年代のメンバーが所属しています。7人制ラグビーのチームで、練習は月に1~2度、仙台高専名取キャンバスラグビー部の隣で練習を行っています。
普段は他の部活動を行っている高校生もいるので、土日を練習日に当てています。ラグビー経験がある仙台高専の教諭指導の下、メンバーは皆真剣に練習に励んでいます。2020年の東京オリンピックに出場できる選手の輩出を目指しています。

おすすめの記事