「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

試合内でも試合後でも?ラグビー選手の色々なアクシデント

2017 6/13 12:41kinsky
ラグビー選手、アクシデント
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Mauro Rodrigues/Shutterstock.com

ラグビーは強靱な身体を持った人間同士が激しくぶつかり合いながら、相手を振り切ってゴールを目指すスポーツだ。格闘技にも近い要素があるので、試合には意外な展開やアクシデントなどが付きものだ。有名な場面やエピソードなどを探してみた。

世界をアっと言わせた、日本が起こした世紀の大番狂わせ

ラグビー界にとって最大のビッグマッチが、4年に1度開催されるワールドカップだ。2015年にイギリスで開催された「第8回ラグビーワールドカップ」で、日本チームが世紀の番狂わせで強豪の南アフリカに勝利したことが、世界に衝撃を与えた。
ラグビーは格下がフロックで勝利することが極めて少ないスポーツで、世界ランク3位の南アフリカに世界13位の日本が勝つということはあり得ないことだった。ところが、日本のカーン・ヘスケス選手が逆転のトライを決め34:32で勝利。世界が興奮した瞬間だった。

思い切り走り抜け、トライを決めた瞬間に気絶

ラグビー強豪国のオーストラリアとニュージーランドのチームによるリーグ戦が行われているのが「NRLナショナルラグビーリーグ」だ。このリーグの試合で、イングランド代表だったサム・トムキンズ選手が、ボールを持って走り抜けトライを決めた瞬間に気絶するというハプニングが発生した。
実はトムキンズ選手は、途中、相手から腕を首に引っかける危険なデンジャラスタックルを受けていたのだ。ダメージを負いながらも夢中で走り続けトライの直後気絶したというトムキンズ選手。素晴らしいラグビー魂の持ち主だ。

おすすめの記事